Loading...
歌劇
「歌劇」創刊100th 手のひらにタカラヅカ

今月の歌劇コーナー紹介

前の記事 一覧へもどる 次の記事
2018年7月5日

7月の歌劇コーナー紹介 [座談会][楽屋取材]

今月は宝塚大劇場公演に連動する、二つの連載[座談会]と[楽屋取材]をご紹介します!

座談会とは?

これから始まる公演について、演出家と主要キャストを中心に繰り広げられる“座談会”。
演出家による作品のあらすじや登場人物、その関係性の紹介、また稽古に取り組む生徒たちの役創りのポイントや公演への意気込みなど、読みごたえ十分。出席者同士が作品についてディスカッションを繰り広げたり、質疑応答をしていたりと、一つの作品をつくり上げていく過程を垣間見ることができます。歌劇誌では、その内容を余すことなくお届けしています。
また、出席者全員の集合写真や熱心に語る姿の写真も掲載され、座談会の雰囲気が伝わってきます!

※「歌劇」5月号(2018年)より

楽屋取材とは?

“楽屋取材”では、幕が開けた宝塚大劇場公演の舞台裏の様子と、出演者と演出家へのインタビューをお届けしています。
稽古中に行われる“座談会”とは異なり、初日を迎えたあとの心境や客席の反応、東京公演に向けた展望などが語られています。また、インタビュー記事とあわせて楽しんでいただきたいのが、楽屋裏で撮影された写真の数々。関連のある登場人物の組み合わせや、ショーで同じ場面に出演している生徒同士、はたまた珍しいメンバーで撮影されたものなど舞台上とはまた違った表情を見せています!
“プレミアムショット”のコーナーでは、早替わり室や出番前のショットなど、歌劇誌でしか見ることのできない貴重なものばかりです。

大劇場公演の観劇前後には必読の“座談会”と“楽屋取材”。誌面での新たな発見で、より公演を深められること間違いなし!もちろん劇場に行かれない方も、誌面上で公演をお楽しみいただける充実の内容です。是非チェックしてみてください!

歌劇

「歌劇」6月号

表紙・巻頭ポートレート
望海風斗

歌劇

「歌劇」7月号

表紙・巻頭ポートレート
芹香斗亜