番組詳細

HOME > 番組詳細

番組詳細

浅茅が宿−秋成幻想−('98年雪組・宝塚)

上田秋成の「雨月物語」より、“浅茅が宿”をメインに数話よりヒントを得て、人間の果てしない夢とこの世の無情を、日本の四季の絵巻として、また愛の舞踊詩として描いた作品。'98年雪組・宝塚大劇場。作・演出は酒井澄夫。轟悠、月影瞳、香寿たつき 他。遠い東の国に、美しい若者勝四郎(轟)と娘宮木(月影)がいた。二人は結婚の約束をするが、勝四郎は都に出て偉くなりたいという夢を持っていた。勝四郎は竹馬の友曾次郎(香寿)と2人、晩春のある日、桜散る中を都へと旅立って行く。宮木は勝四郎が帰ってくるまで必ず待っていると約束する。都は美しく華やかだった。勝四郎は紀の国の姫君、眞女児(月影・二役)の美しくも妖しい姿に心惹かれるが、怪しい法師に他人を信じるなと忠告を受ける。宮木はそんな事とも知らず、勝四郎のことを信じ、いつまでも待ち続ける。勝四郎は少将時貞(汐風幸)の下で学問や武術を学ぶことを許され、夢の実現に近づくが、あるひどい雨の日、偶然真女児と出会う…。

主な出演者轟悠、月影瞳、香寿たつき他

放送日時

タカラヅカ・スカイ・ステージでは、皆さまからの「ホットボイス」を募集しております。こちらのフォームに、番組へのご感想やメッセージをお寄せください。いただいたご感想やメッセージは全て、担当スタッフが拝見させていただき、今後の番組企画や編成等に活かして参ります。

番組名

浅茅が宿−秋成幻想−(98年雪組・宝塚)

ペンネーム
(全角20文字まで)
タイトル
(全角20文字まで)
コメント
(全角500文字まで)

<ご投稿上の注意>
皆さまから寄せられたホットボイスを、一部、ご紹介させていただくことがあります。楽しいご感想をお待ちしております。なお、ご紹介させていただく際には、文中に記載された個人情報や表現内容等について、編集させていただくことがありますので予めご了承ください。
なお、番組その他に対する要望やお問い合わせ等については、こちらのフォームへの記入に対しお答え致しかねます。「タカラヅカ・スカイ・ステージ カスタマーセンター」まで、直接お寄せいただきますようお願いします。