番組詳細

HOME > 番組詳細

番組詳細

エリザベート−愛と死の輪舞−('18年月組・宝塚・千秋楽)

1992年にウィーンで初演されたミュージカル「エリザベート」を、<死、黄泉の帝王>であるトートを主人公にして宝塚独自の装置、衣装、振付により宝塚版として、'96年雪組で世界各地での上演に先駆け日本初演。大好評を得、その後計9回公演を重ねてきた宝塚を代表するミュージカル。ルドルフ役が役替わりにて演じられたが、この放送は暁千星が演じた。潤色・演出は小池修一郎。'18年月組・宝塚大劇場・千秋楽。珠城りょう、愛希れいか、美弥るりか 他。物語はエリザベート暗殺犯ルキーニ(月城かなと)を狂言まわしに進行する。意識不明となり冥界に迷い込んだエリザベート(愛希)に一目で惹きつけられたトート<死、黄泉の帝王>(珠城)は、彼女に命を返してやる。そして、その愛を獲るまでエリザベートを追い続けることを決意する。ハプスブルグ家の若き皇帝フランツ(美弥)はエリザベートを見初め二人は結婚するが、自由を愛する彼女は厳格な皇太后ゾフィー(憧花ゆりの)や、窮屈な宮廷生活に耐えられず、フランツに助けを求めるが彼も味方ではなかった。そんなエリザベートの許にトートは度々訪れ死へと誘惑する…。

主な出演者珠城りょう、愛希れいか、美弥るりか 他

放送日時

  • 珠城さんのエリザベート
    投稿者:ゆ〜ちゃん
    何作か見たエリザベートの中でも珠城さんのトートに魅力を感じてBluRayを買ってしまった公演の千秋楽が見れたのは良かったです。
    投稿日時:2020年12月29日
  • 黄泉の国も怖くない
    投稿者:ぽちゃこ
    私が珠城さんに一目惚れした作品です。珠城さんトートのビジュアルは言わずもがな、エリザベートへの愛と、死であるが故の苦悩が切ないほど感じられて、私も黄泉の国へ連れて行って欲しい!と恋してしまいました。とても大好きで大切な作品です。
    投稿日時:2020年12月28日
  • 愛希れいさん
    投稿者:京都の松竹梅
    愛希れいかさんエリザベート役ピッタリあっていてきれいだった、愛希れいサヨナラショーも見れて最高だった!
    投稿日時:2020年12月28日

タカラヅカ・スカイ・ステージでは、皆さまからの「ホットボイス」を募集しております。こちらのフォームに、番組へのご感想やメッセージをお寄せください。いただいたご感想やメッセージは全て、担当スタッフが拝見させていただき、今後の番組企画や編成等に活かして参ります。

番組名

エリザベート−愛と死の輪舞−(18年月組・宝塚・千秋楽)

ペンネーム
(全角20文字まで)
タイトル
(全角20文字まで)
コメント
(全角500文字まで)

<ご投稿上の注意>
皆さまから寄せられたホットボイスを、一部、ご紹介させていただくことがあります。楽しいご感想をお待ちしております。なお、ご紹介させていただく際には、文中に記載された個人情報や表現内容等について、編集させていただくことがありますので予めご了承ください。
なお、番組その他に対する要望やお問い合わせ等については、こちらのフォームへの記入に対しお答え致しかねます。「タカラヅカ・スカイ・ステージ カスタマーセンター」まで、直接お寄せいただきますようお願いします。