番組詳細

HOME > 番組詳細

番組詳細

El Japon −イスパニアのサムライ−('20年宙組・東京・新人公演)

スペイン南部の町コリア・デル・リオに「サムライの末裔」を自認する「ハポン(日本)」姓の人々が実在していることに着想を得た、オリジナルミュージカル。慶長遣欧使節団として派遣されることになった仙台藩士を主人公に描く。作・演出、新人公演担当は大野拓史。'20年宙組・東京宝塚劇場・新人公演。風色日向、花宮沙羅 他。慶長18年(1613年)、仙台藩が派遣した慶長遣欧使節団は約一年の航海を経て目的地のイスパニア(スペイン)に到着する。しかし通商交渉が癒着し、郊外の修道院で無為な日々を過ごしていた。ある夜の事。剣術の名手・蒲田治道(風色/本役は真風涼帆。以下同じ)は町で、追ってから逃げてきた日本人の少女に助けを求められる。刀を持たない治道は守勢に立たされてしまうが、そこへ武器を纏った謎の男アレハンドロ(亜音有星/芹香斗亜)が現れ、窮地を救われる。奴隷として農場に売られ、そこから脱走してきたという少女たちは、アレハンドロの手引きにより街道沿いの宿屋に預けられることになる。数日後、宿屋を訪ねた治道は、喪服に身を包んだ宿屋の女主人カタリナ(花宮/星風まどか)と出会う…。

主な出演者風色日向、花宮沙羅 他

放送日時

  • 風色日向さんがすごい!
    投稿者:なないろ
    ニュースの映像で見て、フルで放送されるのを本当に楽しみにしていました。立ち姿良し、和物メイク良し、お声良し、立ち回り良し、お芝居良し、お歌良し!!殺陣も素晴らしかったです。何より娘役さんとのお芝居が、当時研4と思えないほどの包容力で藤乃に向けた哀切の表情、徐々に近づいていくカタリナとの距離にときめきました。風色さんの次の舞台が楽しみです!
    投稿日時:2021年03月25日
  • 素晴らしい公演
    投稿者:チーズ
    それぞれお役がみなさんぴったりでした。風色さんは初の主演とは思えないほど落ち着きがあり、とても素晴らしかったです。宙組新人公演メンバーの皆さまが、これからもたくさんのチャンスに恵まれますように。
    投稿日時:2021年03月08日

タカラヅカ・スカイ・ステージでは、皆さまからの「ホットボイス」を募集しております。こちらのフォームに、番組へのご感想やメッセージをお寄せください。いただいたご感想やメッセージは全て、担当スタッフが拝見させていただき、今後の番組企画や編成等に活かして参ります。

番組名

El Japon −イスパニアのサムライ−(20年宙組・東京・新人公演)

ペンネーム
(全角20文字まで)
タイトル
(全角20文字まで)
コメント
(全角500文字まで)

<ご投稿上の注意>
皆さまから寄せられたホットボイスを、一部、ご紹介させていただくことがあります。楽しいご感想をお待ちしております。なお、ご紹介させていただく際には、文中に記載された個人情報や表現内容等について、編集させていただくことがありますので予めご了承ください。
なお、番組その他に対する要望やお問い合わせ等については、こちらのフォームへの記入に対しお答え致しかねます。「タカラヅカ・スカイ・ステージ カスタマーセンター」まで、直接お寄せいただきますようお願いします。