番組詳細

HOME > 番組詳細

番組詳細

凪七瑠海コンサート「パッション・ダムール −愛の夢−」('20年・バウ・千秋楽)字幕

凪七の魅力を凝縮したコンサート。演出家・岡田敬二の「ロマンチック・レビュー」シリーズの粋を集めた構成。作・演出は岡田敬二。'20年専科・雪組・宝塚バウホール・千秋楽。凪七瑠海 他。『ネオ・ダンディズム!−愛の美学−』より<アディオス・パンパミ−ア>の場面、『Amour それは…』からクラシック・バレエの場面、『ル・ポァゾン 愛の媚薬』より<愛の誘惑>等から、様々に変化する凪七の魅力を凝縮してお届け。

主な出演者凪七瑠海 他

放送日時
2022年12月01(18:45)

  • やっぱり素敵がいっぱい❗
    投稿者:たかちゃん
    花組月組100周年のグレイテストモーメントを観劇して、当時は見ていなかったOGの皆様の凄さを知り、スカイステージさんでの舞台を幅広く身近に感じて沢山拝見するようになり、更に宝塚の素晴らしさを知りました。凪七さんと雪組の皆さんのこの舞台の完成度の高さに、改めて感銘を受けて、やっぱりこの作品は素敵がいっぱい詰まっていて、何度繰り返してもその素晴らしさに感動しています。これからも、凪七さんの舞台が見たいと願っています。
    投稿日時:2021年12月14日
  • 素晴らしい作品で感動しました
    投稿者:少年の夢
    岡田先生と吉崎先生のベストコンビの生み出した名作レビューの数々を
    たっぷり凝縮して堪能できました。
    この作品のために新主題歌もすばらしい名曲ですね。
    凪七瑠海の八変化の魅力も楽しめ、黄金のキラキラ衣装や純白の軍服衣装や
    正統派の黒燕尾と、これぞ男役の香り。
    彩みちるの可憐な華やかさ、縣千のスター性を感じさせるオーラ、
    カレン副組長の歌声と大らかさ、1人1人に見せ場を与えていて
    本当に愛情と夢のつまった作品ですね。
    投稿日時:2021年05月06日

タカラヅカ・スカイ・ステージでは、皆さまからの「ホットボイス」を募集しております。こちらのフォームに、番組へのご感想やメッセージをお寄せください。いただいたご感想やメッセージは全て、担当スタッフが拝見させていただき、今後の番組企画や編成等に活かして参ります。

番組名

凪七瑠海コンサート「パッション・ダムール −愛の夢−」(20年・バウ・千秋楽)

ペンネーム
(全角20文字まで)
タイトル
(全角20文字まで)
コメント
(全角500文字まで)

<ご投稿上の注意>
皆さまから寄せられたホットボイスを、一部、ご紹介させていただくことがあります。楽しいご感想をお待ちしております。なお、ご紹介させていただく際には、文中に記載された個人情報や表現内容等について、編集させていただくことがありますので予めご了承ください。
なお、番組その他に対する要望やお問い合わせ等については、こちらのフォームへの記入に対しお答え致しかねます。「タカラヅカ・スカイ・ステージ カスタマーセンター」まで、直接お寄せいただきますようお願いします。