番組詳細

HOME > 番組詳細

番組詳細

炎のボレロ('20年雪組・梅田芸術劇場)

1860年代フランス傀儡政権下のメキシコを舞台に、領地や財産、家族まで失った青年貴族が復讐の為、そして祖国を取り戻す為に立ち上がる姿を、運命的に出会った令嬢との恋を交えて情熱的に描き出す。作は柴田侑宏、演出は中村暁。'20年雪組・梅田芸術劇場。彩風咲奈、潤花 他。ナポレオンの傀儡政権下のメキシコ。皇帝側の官房長官ブラッスール公爵に家族を殺されたアルベルト・カザルス(彩風)は復讐を誓い、春の祭りの日に故郷に戻ってきた。そこでアルベルトはカテリーナ(潤)という娘と出会う。彼女は伯爵の娘であったが官房長官の息子との結婚を嫌って乳母の家に身を寄せていた。明るく溌剌とした中にも気品を感じさせる彼女に、アルベルトは一目で心惹かれる。一方その陰では官房長官の命でアルベルトを追うフランス情報部の大尉ジェラール・クレマン(朝美絢)がいた。彼は病により自らの死期を知りながら、アルベルトを捕まえようと網を張っていた。反政府運動がますます盛んになっていく中、祖国の為に身を尽くす同志達の様子を見ていたアルベルトは個人的な復讐に拘るより祖国メキシコの為に働きたいと思うようになる。そんな彼を愛し、どこまでもついていきたいと願うカテリーナ。二人の恋の行方は・・・。そして、祖国メキシコに再び平和は訪れるのか―。

主な出演者彩風咲奈、潤花 他

放送日時

  • 懐かしの作品の再演♪
    投稿者:yuki
    2020年5月の全国ツアーが中止と聞いたときはとても悲しかったですが、多くの方のご尽力により梅田芸術劇場で公演決定と聞いたときは、ただただ嬉しく安堵しました。
    彩風さんを中心にした柴田先生の「炎のボレロ」の初再演ですが、作品内容もメンバーもピッタリの公演になったと思いました。彩風さんのオープニングの白い衣装ステキです!
    また寺田先生の曲が素晴らしく、聞いただけでその場面が思い出されます。
    まだご覧になってない方にはぜひ見ていただきたい公演です。


    投稿日時:2021年08月18日

タカラヅカ・スカイ・ステージでは、皆さまからの「ホットボイス」を募集しております。こちらのフォームに、番組へのご感想やメッセージをお寄せください。いただいたご感想やメッセージは全て、担当スタッフが拝見させていただき、今後の番組企画や編成等に活かして参ります。

番組名

炎のボレロ(20年雪組・梅田芸術劇場)

ペンネーム
(全角20文字まで)
タイトル
(全角20文字まで)
コメント
(全角500文字まで)

<ご投稿上の注意>
皆さまから寄せられたホットボイスを、一部、ご紹介させていただくことがあります。楽しいご感想をお待ちしております。なお、ご紹介させていただく際には、文中に記載された個人情報や表現内容等について、編集させていただくことがありますので予めご了承ください。
なお、番組その他に対する要望やお問い合わせ等については、こちらのフォームへの記入に対しお答え致しかねます。「タカラヅカ・スカイ・ステージ カスタマーセンター」まで、直接お寄せいただきますようお願いします。