番組詳細

HOME > 番組詳細

番組詳細

ロミオとジュリエット(’21年星組・東京・千秋楽)字幕

シェイクスピアの「ロミオとジュリエット」を、作詞、作曲家、そして演出家であるジェラール・プレスギュルヴィック氏が新たにミュージカル化。2001年にフランスで初演以降、世界各地で上演される人気作品に、宝塚ならではの演出を加え2010年に星組が日本初演。好評を博し、この後、4度の再演が重ねられた。5度目の上演となるこの公演は、3回目となる星組が挑戦。今回もティボルトを含めた7役が役替わりで上演された。潤色・演出、小池修一郎。演出は稲葉太地。'21年星組・東京宝塚劇場・千秋楽(A日程)。礼真琴、舞空瞳、愛月ひかる 他。イタリアのヴェローナに古くから続く二つの名門モンタギュー家とキャピュレット家は、何代にも亘って争いを繰り広げていた。キャピュレット家では、娘のジュリエット(舞空)とヴェローナ随一の富豪パリス伯爵(綺城)との縁談が持ち上がっていた。幼い頃からジュリエットに想いを寄せていたキャピュレット卿の甥ティボルト(愛月)は結婚に反対するが、キャピュレット卿はそれを一蹴し、仮面舞踏会で二人を結びつけようと計画する。一方モンタギュー卿の息子ロミオ(礼)は、親友のベンヴォーリオ(瀬央)とマーキューシオ(極美)にそそのかされ、キャピュレット家の仮面舞踏会に忍び込む。そこでロミオは、見えない糸で結ばれた運命の相手、ジュリエットと出会う。待ち望んだ恋人が目の前に現われた事を、瞬時に確信するロミオとジュリエット。幸せの絶頂にある二人は、この先に悲劇が待ち受けていることなど、まだ知る由もなかった……。

主な出演者礼真琴、舞空瞳、愛月ひかる 他

放送日時

  • こんなにも早くこんなにも素晴らしい作品
    投稿者:ゆーちゃん
    星組「ロミオとジュリエット」東京千秋楽を放送して下さりありがとうございます。再演を繰り返してきた宝塚版が完成したなとプロローグから思いました。予想以上の仕上がりで、放心・驚愕そして圧倒されました。すぐにB日程を見てしまいました。締めは録画したものをまた観ます。
    投稿日時:2022年04月11日

タカラヅカ・スカイ・ステージでは、皆さまからの「ホットボイス」を募集しております。こちらのフォームに、番組へのご感想やメッセージをお寄せください。いただいたご感想やメッセージは全て、担当スタッフが拝見させていただき、今後の番組企画や編成等に活かして参ります。

番組名

ロミオとジュリエット(’21年星組・東京・千秋楽)

ペンネーム
(全角20文字まで)
タイトル
(全角20文字まで)
コメント
(全角500文字まで)

<ご投稿上の注意>
皆さまから寄せられたホットボイスを、一部、ご紹介させていただくことがあります。楽しいご感想をお待ちしております。なお、ご紹介させていただく際には、文中に記載された個人情報や表現内容等について、編集させていただくことがありますので予めご了承ください。
なお、番組その他に対する要望やお問い合わせ等については、こちらのフォームへの記入に対しお答え致しかねます。「タカラヅカ・スカイ・ステージ カスタマーセンター」まで、直接お寄せいただきますようお願いします。