番組詳細

HOME > 番組詳細

番組詳細

宝塚クロニクル#25「2002年」

宝塚歌劇の歴史を年別に多彩な映像と情報で紹介していく番組。最終回となる第25回は「タカラヅカ・スカイ・ステージ」の本放送が開始された2002年を取り上げる。ナビゲーターは宙組(初回放送当時)・彩乃かなみ。88周年に当たるこの年は、宝塚大劇場だけでなく、日生劇場や青山劇場などでも記念公演が開催され、秋には第2回中国ツアー公演も行われた。大劇場では、18年ぶりの『ガイズ&ドールズ』、4組目となる『エリザベート』の名作ミュージカルのほか、原作物、オリジナルともに意欲作が揃い、バウホールでは若手の初主演作が並んだ。生徒の動きとしては、花組では退団したトップスター・匠ひびきの後を春野寿美礼が継ぎ、雪組では轟悠の専科への組替え、月影瞳の退団により絵麻緒ゆう・紺野まひるの新トップスターコンビが誕生したが、年末には朝海ひかる・舞風りらを中心とする新体制へと替わった。また、星組トップスターコンビの香寿たつき・渚あきも翌年の退団を発表、世代交代が加速した一年であった。(2004年7月初回放送)

主な出演者ナビゲーター:彩乃かなみ

放送日時

  • 宝塚の歴史
    投稿者:ゆめみ
    宝塚クロニクル一挙放送、毎日順を追って見る事により、宝塚の移り変わりがよくわかり、なかなかいい企画でした。トップさんをはじめとする生徒の移り変わりはもちろんですが、もう一つ顕著だったのが、90年代以降、年を追うごとに公演数が増えていったこと。大劇場・バウホール以外は中日劇場と地方公演程度だったのが、まず、ドラマシティが加わり、さらに、博多座、日生劇場なども。
    それから、「その年の初舞台生で、現在在籍している人の一覧」では、既にこの番組が作られた時から何年か経っているため、今では退団されている方の名前もありますが、それが逆に「ああ、この時にはまだおられたんだなぁ」ということがわかり、なかなか興味深いものがあります。これからも、年に一度はこのようにして再放送をお願いしますね。
    ところで、このクロニクルは2003年以降はないのでしょうか? もちろん、それぞれの年末に、組ごとの年間クロニクルが放送されたのは毎年見てきました。でも、それとは別に、このような02年までのクロニクルの形式で作っていただけたら嬉しいなぁと思うのですが。
    投稿日時:2007年08月31日

タカラヅカ・スカイ・ステージでは、皆さまからの「ホットボイス」を募集しております。こちらのフォームに、番組へのご感想やメッセージをお寄せください。いただいたご感想やメッセージは全て、担当スタッフが拝見させていただき、今後の番組企画や編成等に活かして参ります。

番組名

宝塚クロニクル#25「2002年」

ペンネーム
(全角20文字まで)
タイトル
(全角20文字まで)
コメント
(全角500文字まで)

<ご投稿上の注意>
皆さまから寄せられたホットボイスを、一部、ご紹介させていただくことがあります。楽しいご感想をお待ちしております。なお、ご紹介させていただく際には、文中に記載された個人情報や表現内容等について、編集させていただくことがありますので予めご了承ください。
なお、番組その他に対する要望やお問い合わせ等については、こちらのフォームへの記入に対しお答え致しかねます。「タカラヅカ・スカイ・ステージ カスタマーセンター」まで、直接お寄せいただきますようお願いします。