番組詳細

HOME > 番組詳細

番組詳細

琥珀色の雨にぬれて('03年花組・全国)

第一次世界大戦後の1920年代のパリを舞台に、4人の男女が織りなす大人の恋の機微。'84年花組で初演、'02年に同じく花組で匠ひびきの退団公演として再演された。今作はその後に、花組の新主演コンビ・春野寿美礼とふづき美世により全国ツアー公演にて上演された。'03年花組・全国ツアー。作・演出は柴田侑宏。演出は正塚晴彦。クロード(春野)には親友ミッシェル(愛音羽麗)の妹でもある、フランソワーズ(遠野あすか)という婚約者がいたが、ある日フォンテンブローの森で美しいマヌカン、シャロン(ふづき)と出会い、恋におちる。取り巻きの一人でジゴロのルイ(蘭寿とむ)もまたシャロンに恋をしていたが、クロードとの間に奇妙な友情が生まれる。数日後、シャロンが金持ちの紳士とともに豪華列車に乗ってニースに向かったとの知らせに、クロードとルイは後を追う。そしてその後をフランソワーズが追うのだが…。

主な出演者春野寿美礼、ふづき美世 他

放送日時

  • 美しいフランス映画のよう
    投稿者:ばぁや
    ロマンチックな美しいフランス映画のようで、心に沁みる歌声も聴くことができて、目もハートも幸せな時間でした。
    人と人の出逢いや心の動きなどが、まるで手に取れるように、画面から溢れ出してくるので驚きました。地方公演ならではの美味しさかもしれません。地方公演も放送してくださるスカイステージ様に心から感謝しております。
    投稿日時:2021年08月12日

タカラヅカ・スカイ・ステージでは、皆さまからの「ホットボイス」を募集しております。こちらのフォームに、番組へのご感想やメッセージをお寄せください。いただいたご感想やメッセージは全て、担当スタッフが拝見させていただき、今後の番組企画や編成等に活かして参ります。

番組名

琥珀色の雨にぬれて(03年花組・全国)

ペンネーム
(全角20文字まで)
タイトル
(全角20文字まで)
コメント
(全角500文字まで)

<ご投稿上の注意>
皆さまから寄せられたホットボイスを、一部、ご紹介させていただくことがあります。楽しいご感想をお待ちしております。なお、ご紹介させていただく際には、文中に記載された個人情報や表現内容等について、編集させていただくことがありますので予めご了承ください。
なお、番組その他に対する要望やお問い合わせ等については、こちらのフォームへの記入に対しお答え致しかねます。「タカラヅカ・スカイ・ステージ カスタマーセンター」まで、直接お寄せいただきますようお願いします。