番組詳細

HOME > 番組詳細

番組詳細

NEVER SAY GOODBYE−ある愛の軌跡−(’22年宙組・東京・千秋楽)字幕

1936年。ナチス政権下のベルリンオリンピックに対抗してバルセロナで人民オリンピックが開かれる。取材に訪れた人気写真家ジョルジュは、リベラルな女性劇作家キャサリンと運命的な再会を果たし、二人は恋に落ちるが、やがてスペイン内戦に巻き込まれて行く。作・演出は小池修一郎。'22年宙組・東京宝塚劇場・千秋楽。真風涼帆、潤花、芹香斗亜 他。1936年ハリウッド、新作映画の制作発表パーティーで、主演女優のエレン(天彩峰里)や、闘牛士のヴィセント(芹香)達が紹介されている最中、突然原作者のキャサリン(潤)が飛び込んでくる。映画のシナリオが改悪されたと、激しい剣幕で映画化の中止を要請し会場は大騒ぎに。その姿をジョルジュ(真風)がカメラに収める。ジョルジュは、パリの風俗を撮影した写真集で一世を風靡したカメラマンだった。キャサリンは、フィルムを渡すようジョルジュに詰め寄るが拒否され、憤然とその場を立ち去る。ジョルジュは、自分を飾らないキャサリンの姿に、他の女性にはない魅力を感じ始める――。

主な出演者真風涼帆、潤花、芹香斗亜 他

放送日時
2023年04月17(23:00)

  • 大好きな作品
    投稿者:ひろ
    ストーリー、楽曲は勿論素晴らしいのですが、それ以上に真風さんを中心とした宙組生の熱いパワーやエネルギーが素晴らしくとても感動し何度も涙しました。
    真風さん、潤さん、芹香さん、桜木さんのお役が本当にピッタリだったと思います。
    フィナーレのデュエットダンスは最高にスタイリッシュでかっこ良く、真風さんと潤さんのゴージャスさが更に引き立っていました。
    本当に素晴らしいパフォーマンスを観させて頂き感謝です!
    投稿日時:2023年03月20日
  • 私の2022年団体賞
    投稿者:よっちん
    初めて観劇した時にコーラスの美しさと強さに圧倒され涙がこぼれ感動で震えました。故郷への愛、仲間との絆、やりきれない別れが切なくて美しかったです。そしてフィナーレのマント回しには思わず拍手していました。
    投稿日時:2023年03月20日
  • 心に残る作品です・・・
    投稿者:nao
    東京宝塚劇場での初観劇作品。宙組のエネルギーがもの凄く伝わってきました!

    実際の陰鬱な世界情勢とも重なり心も痛みましたが
    お話の世界への没入感は今でも覚えています。

    真風さん演じるジョルジュの最後の表情は強く印象に残りました・・・

    そしてフィナーレはやはり圧巻のマントさばきでしたね!

    スカイステージでの放送も待ち遠しかったです。
    母には字幕付きの放送がとても助かるようです♪
    ありがとうございました。
    投稿日時:2023年03月08日

タカラヅカ・スカイ・ステージでは、皆さまからの「ホットボイス」を募集しております。こちらのフォームに、番組へのご感想やメッセージをお寄せください。いただいたご感想やメッセージは全て、担当スタッフが拝見させていただき、今後の番組企画や編成等に活かして参ります。

番組名

NEVER SAY GOODBYE−ある愛の軌跡−(’22年宙組・東京・千秋楽)

ペンネーム
(全角20文字まで)
タイトル
(全角20文字まで)
コメント
(全角500文字まで)

<ご投稿上の注意>
皆さまから寄せられたホットボイスを、一部、ご紹介させていただくことがあります。楽しいご感想をお待ちしております。なお、ご紹介させていただく際には、文中に記載された個人情報や表現内容等について、編集させていただくことがありますので予めご了承ください。
なお、番組その他に対する要望やお問い合わせ等については、こちらのフォームへの記入に対しお答え致しかねます。「タカラヅカ・スカイ・ステージ カスタマーセンター」まで、直接お寄せいただきますようお願いします。