番組詳細

HOME > 番組詳細

番組詳細

ベイ・シティ・ブルース(’93年花組・宝塚)

1940年代のアメリカ西海岸を舞台にした、マフィア版「ハムレット」で、大都市の陰の帝王の家に生まれた青年の愛と葛藤を描く。'93年花組・宝塚大劇場。作・演出は小池修一郎。安寿ミラ、森奈みはる、真矢みき 他。西海岸の大都市、サン・アンジェロ。街を仕切るエルシノア一家のクラーク(海峡ひろき)らが、対立するブラス一家のファルコ(紫吹淳)と衝突した直後、一家の首領、キング・ハーヴェイが殺される。一家は補佐役だったクラークが継ぐことになるが、そこにキングの息子、ハーヴェイJr.(安寿)が除隊してヨーロッパから帰ってくる。彼を父の部下エリック(天地ひかり)や今は刑事である同級生のホールデン(愛華みれ)が出迎える。ハーヴェイは葬儀で、後妻のグロリア(美月亜優)、クラークの輩下ペリー(未沙のえる)、その息子で幼なじみのレオナード(真矢)、その娘のオリヴィア(森奈)らと再会。そして、ハーヴェイはオリヴィアと恋に落ちるが、ある夜、父の亡霊が現れる…。

主な出演者安寿ミラ、森奈みはる、真矢みき 他

放送日時

  • 古くない
    投稿者:なおじゅん
    上演された年をみて、古すぎるな、と見ないで寝るつもりでしたが、なんとなんと古くない!
    大概これだけ昔のものだと衣装や化粧をはじめ映像も古臭かったりするのですが、なぜかこれは大丈夫。なぜ??
    ストーリー性がちょっと古い感じではありますが、それでも30年近く前だなんてびっくり。
    今テレビで活躍されてる方々も出演されていて、本当に興味深く、思わずコメントしてしまいました。
    投稿日時:2020年06月08日

タカラヅカ・スカイ・ステージでは、皆さまからの「ホットボイス」を募集しております。こちらのフォームに、番組へのご感想やメッセージをお寄せください。いただいたご感想やメッセージは全て、担当スタッフが拝見させていただき、今後の番組企画や編成等に活かして参ります。

番組名

ベイ・シティ・ブルース(’93年花組・宝塚)

ペンネーム
(全角20文字まで)
タイトル
(全角20文字まで)
コメント
(全角500文字まで)

<ご投稿上の注意>
皆さまから寄せられたホットボイスを、一部、ご紹介させていただくことがあります。楽しいご感想をお待ちしております。なお、ご紹介させていただく際には、文中に記載された個人情報や表現内容等について、編集させていただくことがありますので予めご了承ください。
なお、番組その他に対する要望やお問い合わせ等については、こちらのフォームへの記入に対しお答え致しかねます。「タカラヅカ・スカイ・ステージ カスタマーセンター」まで、直接お寄せいただきますようお願いします。