番組詳細

HOME > 番組詳細

番組詳細

飛鳥夕映え−蘇我入鹿−(’04年月組・東京・千秋楽)

7世紀初頭の飛鳥時代、大和を舞台に大和朝廷と豪族の争闘を生きた、蘇我鞍作(入鹿)の青春と死。彩輝直の主演男役お披露目作品の東京宝塚劇場・千秋楽。中臣鎌足、軽皇子、石川麻呂の三役が役替わりで演じられたが、千秋楽キャストで。'04年月組。作は柴田侑宏。演出は大野拓史。彩輝直、映美くらら、瀬奈じゅん(花組)、貴城けい(雪組) 他。皇極四年(645年)の夏。宮中では新羅、百済、高句麗の三国の使者を迎える儀式が行われようとしていた。その儀式に出席する命を受けた蘇我鞍作(彩輝)に、瑪瑙(映美)は胸騒ぎを覚える…。時は遡り630年代後半、鞍作は恋人の瑪瑙と共に青春を謳歌していた。彼は中臣鎌足(瀬奈)、軽皇子(貴城)、石川麻呂(大空祐飛)らと学堂に通い、唐の文化を学んでいた。なかでも鞍作と鎌足は誰もが認める優秀な生徒だったが、蘇我本宗家の嫡子である鞍作にひきかえ、家柄の後押しのない鎌足は心密かに彼を妬んでいた。そしてその嫉妬が、鞍作の運命を大きく変えていく…。

主な出演者彩輝直、映美くらら/瀬奈じゅん/貴城けい 他

放送日時

タカラヅカ・スカイ・ステージでは、皆さまからの「ホットボイス」を募集しております。こちらのフォームに、番組へのご感想やメッセージをお寄せください。いただいたご感想やメッセージは全て、担当スタッフが拝見させていただき、今後の番組企画や編成等に活かして参ります。

番組名

飛鳥夕映え−蘇我入鹿−(’04年月組・東京・千秋楽)

ペンネーム
(全角20文字まで)
タイトル
(全角20文字まで)
コメント
(全角500文字まで)

<ご投稿上の注意>
皆さまから寄せられたホットボイスを、一部、ご紹介させていただくことがあります。楽しいご感想をお待ちしております。なお、ご紹介させていただく際には、文中に記載された個人情報や表現内容等について、編集させていただくことがありますので予めご了承ください。
なお、番組その他に対する要望やお問い合わせ等については、こちらのフォームへの記入に対しお答え致しかねます。「タカラヅカ・スカイ・ステージ カスタマーセンター」まで、直接お寄せいただきますようお願いします。

 

番組検索

作品タイトル
出演者
  • STAR FILEスターから調べる
  • ジャンルジャンルから調べる

今月のスターの出演番組をチェック

  • ステージ
  • オフステージ
  • 公演情報
  • 旅・歴史
  • OGのステージ
  • 今日のニュース