番組詳細

HOME > 番組詳細

番組詳細

THE FICTION(’98年雪組・バウ)

轟悠がさまざまな人物に扮して1人で演じる”1人ミュージカル”。実在の人物(ジャコモ・カサノヴァ)をモデルに、フィクションの部分を採り入れて、啓蒙の時代・18世紀に生きた男の気概、信念を描く。'98年雪組・宝塚バウホール。作・演出は太田哲則。現代。ジャン・ド・リーニュが200年前に先祖が面倒をみていた男、アントニオ・プラトリーニについて語り始める…。ヴェネチアで生まれたアントニオは病弱で、転地療養を重ねるうちに黒魔術、降神術、錬金術などを身につける。神学校を卒業するが司祭にならず、しだいに女性に対する手練手管を覚える。降神術、錬金術で名声を高めたアントニオは、各地を転々とするうちにモーツァルト、ヴォルテール、ポンパドール夫人、ルソーらと出会う。そして生涯の女性アンリエットに求婚するが、彼女は姿を消してしまう。その後、人心を惑わしたという理由で投獄されるが脱獄し、パリ、ミュンヘン、ロンドンと流浪を重ねるのだが…。

主な出演者轟悠

放送日時

  • まさに役者です 投稿者:ゆめみ
    これまでに見てきた数多くのバウホール作品の中でも、好きな作品ベストファイブに入ると言ってもいいです。それほどの作品を一人で演じられたイシちゃん、本当に素晴らしい。まさにあなたは役者です。もちろん、それを演出された太田先生にも敬意を表します。たった一人なのに、飽きさせない舞台展開。老人から若い女性まで、見事なまでの演じわけ。繰り返しになりますが、本当によかった。
    それから。オーストリアの場面での、「エリザベート」のパロディには、こちらも大爆笑。一転して、「ベルサイユのばら」の悲劇を予感させる下りには、ちょっとしんみり。このタカラヅカの二大代表作を思い起こさせる演出にも拍手を送ります。
    投稿日時:2008年02月04日

タカラヅカ・スカイ・ステージでは、皆さまからの「ホットボイス」を募集しております。こちらのフォームに、番組へのご感想やメッセージをお寄せください。いただいたご感想やメッセージは全て、担当スタッフが拝見させていただき、今後の番組企画や編成等に活かして参ります。

番組名

THE FICTION(’98年雪組・バウ)

ペンネーム
(全角20文字まで)
タイトル
(全角20文字まで)
コメント
(全角500文字まで)

<ご投稿上の注意>
皆さまから寄せられたホットボイスを、一部、ご紹介させていただくことがあります。楽しいご感想をお待ちしております。なお、ご紹介させていただく際には、文中に記載された個人情報や表現内容等について、編集させていただくことがありますので予めご了承ください。
なお、番組その他に対する要望やお問い合わせ等については、こちらのフォームへの記入に対しお答え致しかねます。「タカラヅカ・スカイ・ステージ カスタマーセンター」まで、直接お寄せいただきますようお願いします。

 

番組検索

作品タイトル
出演者
  • STAR FILEスターから調べる
  • ジャンルジャンルから調べる

今月のスターの出演番組をチェック

  • ステージ
  • オフステージ
  • 公演情報
  • 旅・歴史
  • OGのステージ
  • 今日のニュース