番組詳細

HOME > 番組詳細

番組詳細

タカラヅカ・グローリー!(’04年雪組・宝塚)

第90期初舞台生を交えた90名による大ライン・ダンスなどが話題となった、宝塚歌劇90周年を記念した大レビュー。宝塚歌劇90周年記念の一環として、水夏希(宙組)が特別出演。'04年雪組・宝塚大劇場。原案は小林公平。作・演出は岡田敬二。朝海ひかる、舞風りら、初風緑(専科)、水(宙組) 他。第90期初舞台生の華やかなライン・ダンスで幕が上がる。大階段に一人のスター(朝海)が登場し歌い始めると、「タカラヅカ」がタイトルにつく名曲をスター(舞風、初風、水、)たちが歌い継いでプロローグが始まる。「虹を追って…」では、誰もいない劇場の舞台でブライアン(朝海)が一人でダンスの稽古を始めると、劇場の妖精(イリュージョン)(水)達が現れて…。「ゴールデン・デイズ」は一変して、リラの花咲く舞台でライラックの娘(舞風)、ワルツの青年(初風)達が優雅に歌い踊る。90周年を記念した90名の大ライン・ダンスの後、2人のダンディー(初風、水)の銀橋での歌から、淑女(舞風)達が“清く正しく美しく”を歌う。曲がボレロにアレンジされた音楽に変わると、黒燕尾の紳士(朝海)達が大階段で踊る。そしてフィナーレとなる。

主な出演者朝海ひかる、舞風りら/初風緑/水夏希 他

放送日時

  • 目と耳の保養 投稿者:ゆめみ
    プロローグ・中詰め・パレードと言えば、たいていどの公演でも、豪華で華やかなものですけど、中でもこの公演は、それが際立っていましたよね。まず、プロローグの娘役さんのドレス、優雅で本当、素敵でした。そして、中詰めとパレードは、どちらもうっとりするくらい色彩が綺麗で、まさに「これぞ、90周年!」といったところでしょうか。美しい衣装の数々で、目の保養をさせていただきました。
    一方、「耳の保養」になったのは、一番はやはりこれでしょうか。「はまこさんの歌」、中詰めと、黒燕尾の場面でのはまこさんのソロ、とにかく素晴らしかった!
    投稿日時:2007年05月26日

タカラヅカ・スカイ・ステージでは、皆さまからの「ホットボイス」を募集しております。こちらのフォームに、番組へのご感想やメッセージをお寄せください。いただいたご感想やメッセージは全て、担当スタッフが拝見させていただき、今後の番組企画や編成等に活かして参ります。

番組名

タカラヅカ・グローリー!(’04年雪組・宝塚)

ペンネーム
(全角20文字まで)
タイトル
(全角20文字まで)
コメント
(全角500文字まで)

<ご投稿上の注意>
皆さまから寄せられたホットボイスを、一部、ご紹介させていただくことがあります。楽しいご感想をお待ちしております。なお、ご紹介させていただく際には、文中に記載された個人情報や表現内容等について、編集させていただくことがありますので予めご了承ください。
なお、番組その他に対する要望やお問い合わせ等については、こちらのフォームへの記入に対しお答え致しかねます。「タカラヅカ・スカイ・ステージ カスタマーセンター」まで、直接お寄せいただきますようお願いします。

 

番組検索

作品タイトル
出演者
  • STAR FILEスターから調べる
  • ジャンルジャンルから調べる

今月のスターの出演番組をチェック

  • ステージ
  • オフステージ
  • 公演情報
  • 旅・歴史
  • OGのステージ
  • 今日のニュース