番組詳細

HOME > 番組詳細

番組詳細

春櫻賦(’97年雪組・宝塚)

薩摩藩の侵略に敗れ、その属国となった琉球の青年・謝名龍山が、憎しみでしかなかった大和で様々な人と触れあい、新たな生き方を見つけだす。南から北へ、桜の開花を追って物語は進行する。'97年雪組・宝塚大劇場。作・演出は谷正純。轟悠、月影瞳、香寿たつき 他。慶長十四年春、琉球は薩摩藩征琉軍の前になす術もなく降伏する。琉球王らは捕虜として薩摩に連行されることとなったが、龍山(轟)が薩摩藩士に反抗する。彼の父は、最後まで薩摩藩に抵抗したことにより戦争責任者として捕らわれていた。一年後、人質救出の為に龍山と中城安辰(安蘭けい)らは大和に渡る。父達の幽閉所で龍山は、薩摩藩士・秋月数馬(香寿)と刀を交える。薩摩藩に追われる身となった龍山らは、遊三(汐風幸)が率いる女歌舞伎一座と出会う。一座は薩摩藩の宴に呼ばれており、花形役者・小紫(月影)をはじめ、一行はわけ有りの龍山らに協力する。

主な出演者轟悠、月影瞳、香寿たつき 他

放送日時

  • 轟悠の日舞にウットリ 投稿者:Nathalie
    帝劇での東京公演を観て轟悠のファンになりました。
    冒頭からいろいろな日本の舞踊が散りばめられていますが、特にフィナーレのさくらさくらでの轟悠の日舞が素晴らしく、録画を何回も繰り返して見ています。いつもは男っぽい轟悠がこのフィナーレでは動きや目線なども中性的な美しさで、何度見ても惚れ惚れします。
    またお芝居の中では怖い顔をしていた香寿たつきも、フィナーレではとても穏やかな顔つきになっていて、それでいて男役に徹しているし、お二人とも日舞の名手ですから見ていて本当に綺麗です。
    投稿日時:2018年04月16日

タカラヅカ・スカイ・ステージでは、皆さまからの「ホットボイス」を募集しております。こちらのフォームに、番組へのご感想やメッセージをお寄せください。いただいたご感想やメッセージは全て、担当スタッフが拝見させていただき、今後の番組企画や編成等に活かして参ります。

番組名

春櫻賦(’97年雪組・宝塚)

ペンネーム
(全角20文字まで)
タイトル
(全角20文字まで)
コメント
(全角500文字まで)

<ご投稿上の注意>
皆さまから寄せられたホットボイスを、一部、ご紹介させていただくことがあります。楽しいご感想をお待ちしております。なお、ご紹介させていただく際には、文中に記載された個人情報や表現内容等について、編集させていただくことがありますので予めご了承ください。
なお、番組その他に対する要望やお問い合わせ等については、こちらのフォームへの記入に対しお答え致しかねます。「タカラヅカ・スカイ・ステージ カスタマーセンター」まで、直接お寄せいただきますようお願いします。

 

番組検索

作品タイトル
出演者
  • STAR FILEスターから調べる
  • ジャンルジャンルから調べる

今月のスターの出演番組をチェック

  • ステージ
  • オフステージ
  • 公演情報
  • 旅・歴史
  • OGのステージ
  • 今日のニュース