番組詳細

HOME > 番組詳細

番組詳細

落陽のパレルモ(’06年花組・東京・千秋楽)

19世紀半ばのシチリアを舞台に、没落していく貴族階級と未来に希望を託す民衆達を描きつつ、身分や時代を超えて生き続ける愛の軌跡を描く。'06年花組・東京宝塚劇場千秋楽。作・演出は植田景子。春野寿美礼、ふづき美世 他。1942年、シチリアに帰郷したヴィットリオ・ファブリッツィオ(彩吹真央)は恋人のジュディッタ(遠野あすか)に曾祖父・ヴィットリオ・ロッシと、曾祖母・アンリエッタ・カヴァーレの愛の物語を語り始める。1860年、シチリアではイタリア統一への動きが高まっていた。ヴィットリオ・ロッシ(春野)は、ニコラ(蘭寿とむ)達と共に義勇兵として革命に参加し、イタリア統一後は功績が認められ、平民ながら政府軍中佐に昇進していた。ある日、ヴィットリオは、上司であるシチリアの名門貴族ロドリーゴ(真飛聖)伯爵と共に、パレルモの有力貴族カヴァーレ公爵家の晩餐会を訪れる。そこで、ヴィットリオは公爵家の長女アンリエッタ(ふづき)に出会う…。

主な出演者春野寿美礼、ふづき美世 他

放送日時

  • 感動再び 投稿者:花・sumire
    寿美礼さんの念願だった軍服物で、公演前から楽しみにしていた作品でした。
    期待通り、それ以上に素敵な作品で、九州から大劇場・東京へ何度も観劇に行きました!
    物語は宝塚的だし、舞台は美しく、何より軍服姿の寿美礼さんがカッコ良かった事!!!その感動がスカイステージでまた蘇りました。
    退団公演だったふーちゃんは美しく、これぞ娘役と言える奇麗な歌声。蘭とむさんはじめ今はバラバラに組替えになってしまった懐かしい花組メンバー。「ここに居る全員が花組であったことを皆さん忘れないで下さい!」と寿美礼さんが挨拶された東京千秋楽のニュースを涙して観た事を思い出しました。
    さよならショー付きの放送本当にありがとうございました。
    投稿日時:2007年06月05日

タカラヅカ・スカイ・ステージでは、皆さまからの「ホットボイス」を募集しております。こちらのフォームに、番組へのご感想やメッセージをお寄せください。いただいたご感想やメッセージは全て、担当スタッフが拝見させていただき、今後の番組企画や編成等に活かして参ります。

番組名

落陽のパレルモ(’06年花組・東京・千秋楽)

ペンネーム
(全角20文字まで)
タイトル
(全角20文字まで)
コメント
(全角500文字まで)

<ご投稿上の注意>
皆さまから寄せられたホットボイスを、一部、ご紹介させていただくことがあります。楽しいご感想をお待ちしております。なお、ご紹介させていただく際には、文中に記載された個人情報や表現内容等について、編集させていただくことがありますので予めご了承ください。
なお、番組その他に対する要望やお問い合わせ等については、こちらのフォームへの記入に対しお答え致しかねます。「タカラヅカ・スカイ・ステージ カスタマーセンター」まで、直接お寄せいただきますようお願いします。

 

番組検索

作品タイトル
出演者
  • STAR FILEスターから調べる
  • ジャンルジャンルから調べる

今月のスターの出演番組をチェック

  • ステージ
  • オフステージ
  • 公演情報
  • 旅・歴史
  • OGのステージ
  • 今日のニュース