番組詳細

HOME > 番組詳細

番組詳細

ベルサイユのばら−オスカル編−(’06年雪組・宝塚 アンドレ役替り:春野寿美礼)

1974年の初演以来、再演を重ね、様々なバージョンの舞台が創り出されたが、今回はオスカルの運命を中心に、新たな試みや演出を加え再構築された。大劇場公演ではアンドレ役を湖月わたる、春野寿美礼、瀬奈じゅん、貴城けい、水夏希が役替わりで演じ、今回は花組・春野寿美礼が演じたバージョン。脚本・演出は植田紳爾。演出は谷正純。朝海ひかる、舞風りら、貴城けい、春野(花組) 他。'06年雪組・宝塚大劇場。18世紀フランス。王家を守る軍人の家系、ジャルジェ家に産まれたオスカル(朝海)は幼いころから男子として育てられ、王宮を警護する近衛士官となっていた。オスカルの乳母の孫アンドレ(春野)は、オスカルと兄弟のように育ち、彼女を密かに慕っていた。フランスの状況は不安定を極め、人民の間には不満が渦巻いていた。それを知ったオスカルは人民を守る衛兵隊に転属を願い出る。そんなオスカルを見守るアンドレと、オスカルを慕う小間使いのロザリー(舞風)、さらに求婚者のジェローデル(貴城)。そして運命を共にするアラン(水夏希)ら衛兵隊員たち。フランスは革命に向かい、彼らはその渦に巻き込まれていく…。

主な出演者朝海ひかる、舞風りら、貴城けい/春野寿美礼 他

放送日時

  • 初めての一人旅
    投稿者:テン
    おささん、コムさんのべるばらを千葉から宝塚大劇場へ観にいきました。最前列の中央でお二人の表情をしっかりと見ました。なんだか最初からお二人がとても嬉しそうに見えたのは私の心持のせいでしょうか?特にアンドレとオスカルの今宵一夜の場面やペガサスの馬車に乗って迎えに来た時は< よかったね〜 >ってを出しそうになりました。また最後のおお階段の場面も素敵でした今でもDVDを見ながらそのときの事を思い出しています。コムさんが卒業したいま またおささんが卒業をむかえることになりおめでとうと言いたいけれど寂しさが頭の中をくるくる回ります。これからの活躍を期待しています。
    投稿日時:2007年10月06日

タカラヅカ・スカイ・ステージでは、皆さまからの「ホットボイス」を募集しております。こちらのフォームに、番組へのご感想やメッセージをお寄せください。いただいたご感想やメッセージは全て、担当スタッフが拝見させていただき、今後の番組企画や編成等に活かして参ります。

番組名

ベルサイユのばら−オスカル編−(’06年雪組・宝塚 アンドレ役替り:春野寿美礼)

ペンネーム
(全角20文字まで)
タイトル
(全角20文字まで)
コメント
(全角500文字まで)

<ご投稿上の注意>
皆さまから寄せられたホットボイスを、一部、ご紹介させていただくことがあります。楽しいご感想をお待ちしております。なお、ご紹介させていただく際には、文中に記載された個人情報や表現内容等について、編集させていただくことがありますので予めご了承ください。
なお、番組その他に対する要望やお問い合わせ等については、こちらのフォームへの記入に対しお答え致しかねます。「タカラヅカ・スカイ・ステージ カスタマーセンター」まで、直接お寄せいただきますようお願いします。