番組詳細

HOME > 番組詳細

番組詳細

ベルサイユのばら−フェルゼンとマリー・アントワネット編−('06年星組・宝塚)オスカル:貴城けい

1974年の初演以来再演を重ね、様々なバージョンの舞台が創られたが、マリー・アントワネットの生誕250周年を記念してのこの公演では、また新たな試みや演出が加えられた。また、オスカルが役替わりで演じられ、今回は貴城けい(雪組)が演じた公演。'06年星組・宝塚大劇場。脚本・演出は植田紳爾。演出は谷正純。湖月わたる、白羽ゆり、安蘭けい、貴城(雪組) 他。1770年、アントワネットは14歳でオーストリア帝国ハプスブルグ家からフランス王太子に嫁ぐ。1788年、フランスでは平民達による暴動が起こる。近衛隊隊長で男装の麗人オスカル(貴城)は、この動乱の原因はフェルゼン(湖月)にもあるとスウェーデンへの帰国を促す。彼と、フランス王妃アントワネット(白羽)は、オペラ座の仮面舞踏会で出会って以来、人目を忍び深く愛し合っていたのだ。フェルゼンは、オスカルには恋の苦しさが分かるはずはないと激しく詰寄るが、オスカルもまた、フェルゼンに密かに想いを寄せていた。そんなオスカルを幼いころから一途に慕うアンドレ(安蘭)。フランス革命の嵐のなか、それぞれの運命が激動する。

主な出演者湖月わたる、白羽ゆり、安蘭けい/貴城けい 他

放送日時
2022年08月02(07:45)

タカラヅカ・スカイ・ステージでは、皆さまからの「ホットボイス」を募集しております。こちらのフォームに、番組へのご感想やメッセージをお寄せください。いただいたご感想やメッセージは全て、担当スタッフが拝見させていただき、今後の番組企画や編成等に活かして参ります。

番組名

ベルサイユのばら−フェルゼンとマリー・アントワネット編−(06年星組・宝塚)オスカル:貴城けい

ペンネーム
(全角20文字まで)
タイトル
(全角20文字まで)
コメント
(全角500文字まで)

<ご投稿上の注意>
皆さまから寄せられたホットボイスを、一部、ご紹介させていただくことがあります。楽しいご感想をお待ちしております。なお、ご紹介させていただく際には、文中に記載された個人情報や表現内容等について、編集させていただくことがありますので予めご了承ください。
なお、番組その他に対する要望やお問い合わせ等については、こちらのフォームへの記入に対しお答え致しかねます。「タカラヅカ・スカイ・ステージ カスタマーセンター」まで、直接お寄せいただきますようお願いします。