番組詳細

HOME > 番組詳細

番組詳細

ファントム('06年花組・東京・千秋楽)

小説「オペラ座の怪人」を原作に、アーサー・コピット脚本、モーリー・イェストン作詞・作曲でミュージカル化された作品「PHANTOM」を宝塚版として上演。仮面を被り地下で生きる運命を背負った怪人の心の葛藤を鮮明に浮かび上がらせている。好評を博した初演の'04年宙組公演から2年、春野寿美礼がファントムを演じた'06年花組公演の東京宝塚劇場公演・千秋楽。潤色・演出は中村一徳。春野、桜乃彩音、彩吹真央、真飛聖 他。19世紀後半のパリ。オペラ座前で歌いながら楽譜を売っているクリスティーヌ(桜乃)を見たシャンドン伯爵(真飛)は、彼女をオペラ座に紹介する。オペラ座では支配人のキャリエール(彩吹)が解任され、新支配人が迎えられていた。キャリエールは新支配人に、劇場地下に棲む怪人、ファントム(春野)の存在を告げる。クリスティーヌの歌声に亡き母の面影を重ねたファントムは、彼女に歌の指導を始める。そして悲劇が始まる…。

主な出演者春野寿美礼、桜乃彩音、彩吹真央、真飛聖 他

放送日時

  • 春野さんファントム 投稿者:おがこ
    望海さんのファンで、宝塚版ファントムを知りました。春野さんは望海さんとも縁が深い方、と興味を持って拝見しました。
    宝塚の舞台は、同じ演目でも演者さんによって本当に個性が異なるので、見応えがあります。
    春野さんのダイナミックなファントムと可憐な美しさの桜乃さん…2018年との比較も興味深いです。
    カルロッタ役の出雲綾さんには歌と演技ともに度肝を抜かれました。
    投稿日時:2020年03月29日
  • 人の無情と真の美しさ・・ 投稿者:あさこ様命
    劇場に拝見しに行った日は体調が大変悪く、センターの良いお席であったのにも関わらず途中で帰ろうかと・・
    素晴らしい音楽と迫真の花組の演技に対して、申し訳ない気持ちで一杯でした。
    ですのでスカステで放送の時は絶対に見逃さないぞ!と。
    映画も小説も読んで話の筋はもちろん知っていましたが、細かな表情と心の葛藤は胸に迫るものがあり、何か秘めたる思いがオサさんの中に見えて一層涙がこぼれて最後は号泣し・・
    恐怖の為に真実を明らかにもせずただ、排除しようとする者達。
    父と知りながら、そして一方は息子よ、と抱き締めたい気持ちに揺れながらもお互いの距離を置いてしまった2人。
    愛ゆえに醜い顔を見られたくない。
    愛しているからこそ、その人の全てを知りたい。
    現実では無いのは分かっていても人の世の無常と残酷さに切なくなりました。
    ただクリスティーヌの純粋な歌声とファントムの内側の本当の美しさが救いとなり、天国に行ったファントムが母と幸せに暮らして欲しいと心から願わずにいられませんでした。
    投稿日時:2007年12月20日

タカラヅカ・スカイ・ステージでは、皆さまからの「ホットボイス」を募集しております。こちらのフォームに、番組へのご感想やメッセージをお寄せください。いただいたご感想やメッセージは全て、担当スタッフが拝見させていただき、今後の番組企画や編成等に活かして参ります。

番組名

ファントム(06年花組・東京・千秋楽)

ペンネーム
(全角20文字まで)
タイトル
(全角20文字まで)
コメント
(全角500文字まで)

<ご投稿上の注意>
皆さまから寄せられたホットボイスを、一部、ご紹介させていただくことがあります。楽しいご感想をお待ちしております。なお、ご紹介させていただく際には、文中に記載された個人情報や表現内容等について、編集させていただくことがありますので予めご了承ください。
なお、番組その他に対する要望やお問い合わせ等については、こちらのフォームへの記入に対しお答え致しかねます。「タカラヅカ・スカイ・ステージ カスタマーセンター」まで、直接お寄せいただきますようお願いします。

 

番組検索

作品タイトル
出演者
  • STAR FILEスターから調べる
  • ジャンルジャンルから調べる

今月のスターの出演番組をチェック

  • ステージ
  • オフステージ
  • 公演情報
  • 旅・歴史
  • OGのステージ
  • 今日のニュース