番組詳細

HOME > 番組詳細

番組詳細

轟悠コンサート「LAVENDER MONOLOGUE」(’07年・日本青年館・千秋楽)

轟悠の熟成した魅力を二部構成で送るコンサート。'07年。日本青年館・千秋楽。第1幕は芝居仕立てでヨーロッパの世界を。一人の詩人が春夏秋冬をモチーフに、自らの歩んできた人生、また夢について語る。“詩人の魂”“人の気も知らないで”“アムステルダム”“兵隊が戦争に行くとき”“失われし日々”など、そして“LAVENDER MONOLOGUE”で、夢、恋、戦い、死を綴る。第2幕はショー形式で、ラテンやジャズなどで展開。“Hurricane 2000”“Here In My Heart”でハリケーンの男、“SALMA YA SALAMA”“TIERRA SANTA”でオリエンタルの王子、“Sing You Sinners”“Stepping Out”でスイングの男、“MR BOJANGLES”で唄う男として歌い踊り、フィナーレに。“FEELING”に続き“LAVENDER MONOLOGUE”で幕となる。

主な出演者轟悠

放送日時

  • ありがとうございます 投稿者:ハッピー
    市販のDVDはバウの公演だけでしたので、雪組さんとの映像が
    無いのが残念でした。
    青年館の放送があるのを知り、嬉しくて嬉しくて期待で胸が躍っていました。
    こんなに早く、しかも千秋楽!!
    バウのコンサートも轟さんの魅力満載の舞台でしたが、青年館では
    更に声が伸びやかで体の切れも良く、期待以上の進化した姿に
    圧倒され感激していました。
    共演なさった皆さんも綺麗で格好良かったです。
    映像を見て改めて感動しています。
    CSのスタッフの皆さんありがとうございます☆
    投稿日時:2008年09月30日

タカラヅカ・スカイ・ステージでは、皆さまからの「ホットボイス」を募集しております。こちらのフォームに、番組へのご感想やメッセージをお寄せください。いただいたご感想やメッセージは全て、担当スタッフが拝見させていただき、今後の番組企画や編成等に活かして参ります。

番組名

轟悠コンサート「LAVENDER MONOLOGUE」(’07年・日本青年館・千秋楽)

ペンネーム
(全角20文字まで)
タイトル
(全角20文字まで)
コメント
(全角500文字まで)

<ご投稿上の注意>
皆さまから寄せられたホットボイスを、一部、ご紹介させていただくことがあります。楽しいご感想をお待ちしております。なお、ご紹介させていただく際には、文中に記載された個人情報や表現内容等について、編集させていただくことがありますので予めご了承ください。
なお、番組その他に対する要望やお問い合わせ等については、こちらのフォームへの記入に対しお答え致しかねます。「タカラヅカ・スカイ・ステージ カスタマーセンター」まで、直接お寄せいただきますようお願いします。

 

番組検索

作品タイトル
出演者
  • STAR FILEスターから調べる
  • ジャンルジャンルから調べる

今月のスターの出演番組をチェック

  • ステージ
  • オフステージ
  • 公演情報
  • 旅・歴史
  • OGのステージ
  • 今日のニュース