番組詳細

HOME > 番組詳細

番組詳細

赤と黒−原作 スタンダール−('08年星組・名古屋特別・千秋楽)

19世紀中期のフランスの文豪・スタンダールの長編小説「赤と黒」を原作に、主人公ジュリアン・ソレルの恋と野望をドラマティックに描く。'75年に月組宝塚大劇場公演『恋こそ我がいのち』(東京公演では『赤と黒』)では大滝子主演で上演され、'89年には月組宝塚バウホール公演で改編を加え、涼風真世主演で上演されている。今回、星組で再演するにあたり、更に手が加えられた。'08年星組・名古屋特別公演・千秋楽。脚本は柴田侑宏、演出は中村暁。安蘭けい、遠野あすか、柚希礼音 他。1830年、フランス。貧しい製材業の息子として生まれたジュリアン(安蘭)は、繊細な神経と聡明な資質と強い自尊心を備えた美しい青年であった。彼は立身出世をし、富と名声を手に入れることを生涯の目的としていた。聖職者となるためラテン語を学び始めた彼に、町長のレナール氏(立樹遥)が息子達の家庭教師を依頼する。上流階級への糸口を見つけたジュリアンは、親友フーケ(柚希)の一緒に商人になろうという誘いを断り、家庭教師となる。そこで町長の貞淑な妻レナール夫人(遠野)と出会う…。

主な出演者安蘭けい、遠野あすか、柚希礼音 他

放送日時

  • 演技派コンビの真骨頂 投稿者:みそか
    今夜の放送を見て公演当時の熱気と感動がよみがえると同時に、いよいよ退団の迫ってきた安蘭遠野コンビに惜しみない拍手を送らずにはいられません。ジュリアン役をとうこさんがずっと演じたい役に挙げていたことはファンならよく知っていることですし、又あすかちゃんが退団会見でレナール夫人役を退団決意のきっかけと話していたのも記憶に新しいですが、それぞれが何と深い役の解釈をしそれを演じ切っているかことか! 二人の作り出した「赤と黒」の世界は快挙の一言こそがふさわしい気がします。
    初演時のフーケ役瀬戸内さんの軽妙さが今も脳裏に鮮やかに思い出されます。昨年の柚希さんのめざましい進歩は彼女には珍しいこの辛抱役を経験したことから生まれたのかもしれません。
    脚本と演出の古めかしさを補ってなお余りある主演コンビの演技の深さ、専科の萬さん磯野さんの洒脱さと重厚さ、役不足は否めないものの星組勢の血の通うお芝居。チケット難ではありましたが精一杯通ってしまった舞台でした。
    投稿日時:2009年03月23日

タカラヅカ・スカイ・ステージでは、皆さまからの「ホットボイス」を募集しております。こちらのフォームに、番組へのご感想やメッセージをお寄せください。いただいたご感想やメッセージは全て、担当スタッフが拝見させていただき、今後の番組企画や編成等に活かして参ります。

番組名

赤と黒−原作 スタンダール−(08年星組・名古屋特別・千秋楽)

ペンネーム
(全角20文字まで)
タイトル
(全角20文字まで)
コメント
(全角500文字まで)

<ご投稿上の注意>
皆さまから寄せられたホットボイスを、一部、ご紹介させていただくことがあります。楽しいご感想をお待ちしております。なお、ご紹介させていただく際には、文中に記載された個人情報や表現内容等について、編集させていただくことがありますので予めご了承ください。
なお、番組その他に対する要望やお問い合わせ等については、こちらのフォームへの記入に対しお答え致しかねます。「タカラヅカ・スカイ・ステージ カスタマーセンター」まで、直接お寄せいただきますようお願いします。

 

番組検索

作品タイトル
出演者
  • STAR FILEスターから調べる
  • ジャンルジャンルから調べる

今月のスターの出演番組をチェック

  • ステージ
  • オフステージ
  • 公演情報
  • 旅・歴史
  • OGのステージ
  • 今日のニュース