番組詳細

HOME > 番組詳細

番組詳細

黎明の風−侍ジェントルマン 白洲次郎の挑戦−(’08年宙組・東京・千秋楽)

吉田茂の懐刀として自らの信念を貫き、戦後日本の復興・独立に「舞台裏」から尽力した白洲次郎の生き様を、夫婦愛、敵対する者との友情、そして、平和へのメッセージを込めて、壮大にミュージカル化した作品。尚、陽月華の休演に伴い、白洲正子役は代役で上演された。'08年宙組・東京宝塚劇場・千秋楽。作・演出は石田昌也。轟悠(専科)、大和悠河、蘭寿とむ 他。昭和4年、イギリス留学から帰国し、英字新聞の記者として働いていた白洲次郎(轟)は、樺山家の令嬢・正子(和音美桜)と見合いをする。アメリカ留学の経験もある正子は、イギリス仕込みの紳士である次郎に一目惚れし、2人は結婚する。商社マンとなり、正子を伴いヨーロッパを飛び回っていた次郎は、駐英大使であった吉田茂(汝鳥伶)に出会い、親交を深める。そんな折、平和を愛する人々の努力も空しく、日本は戦争に突入。そして、昭和20年8月、終戦。ポツダム宣言を受諾し、連合国に無条件降伏した日本を占領統括する為、連合国軍最高司令官ダグラス・マッカーサー(大和)が厚木基地に降り立った…。

主な出演者轟悠/大和悠河、蘭寿とむ 他

放送日時

  • 感謝します 投稿者:ゆめみ
    去年の大劇場公演の中で、「スカーレット・ピンパーネル」と並んで好きな作品でした。今、改めて映像で観て、感動を新たにしています。
    白洲さんや吉田首相をはじめ、皆さんの戦後復興へのご尽力、そして、マッカーサー元帥の口を通して語られた、天皇陛下の国民を思われるお心にも深い感銘を受けました。
    今の私たちがこうして平和で豊かに暮らしていられるのは、こうした方々のお陰と感謝するとともに、このような素晴らしい作品を上演してくださった宝塚歌劇団、そして演出の石田先生にも重ねて感謝いたします。ありがとうございました。
    投稿日時:2009年05月11日

タカラヅカ・スカイ・ステージでは、皆さまからの「ホットボイス」を募集しております。こちらのフォームに、番組へのご感想やメッセージをお寄せください。いただいたご感想やメッセージは全て、担当スタッフが拝見させていただき、今後の番組企画や編成等に活かして参ります。

番組名

黎明の風−侍ジェントルマン 白洲次郎の挑戦−(’08年宙組・東京・千秋楽)

ペンネーム
(全角20文字まで)
タイトル
(全角20文字まで)
コメント
(全角500文字まで)

<ご投稿上の注意>
皆さまから寄せられたホットボイスを、一部、ご紹介させていただくことがあります。楽しいご感想をお待ちしております。なお、ご紹介させていただく際には、文中に記載された個人情報や表現内容等について、編集させていただくことがありますので予めご了承ください。
なお、番組その他に対する要望やお問い合わせ等については、こちらのフォームへの記入に対しお答え致しかねます。「タカラヅカ・スカイ・ステージ カスタマーセンター」まで、直接お寄せいただきますようお願いします。

 

番組検索

作品タイトル
出演者
  • STAR FILEスターから調べる
  • ジャンルジャンルから調べる

今月のスターの出演番組をチェック

  • ステージ
  • オフステージ
  • 公演情報
  • 旅・歴史
  • OGのステージ
  • 今日のニュース