番組詳細

HOME > 番組詳細

番組詳細

ネオ・ダンディズム!−男の美学−(’06年星組・宝塚・千秋楽)

宝塚の男役の美学を追究したロマンチック・レビュー。湖月わたるの退団公演で、サヨナラショー、湖月の退団挨拶付き。'06年星組・宝塚大劇場・千秋楽。作・演出は岡田敬二。湖月、白羽ゆり、安蘭けい 他。オープニングは男達が迎える中、大階段に純白のチャイナ服に身を包んだドラゴン(湖月)が登場する。序詞師の男(安蘭)がダンディズムとは何かを語り出すと、ネオ・ダンディ(湖月)、バラの乙女S(白羽)が登場してテーマ曲での総踊りとなる。大草原、一人佇むガウチョ・スタイルのアルフォンゾ(湖月)、やがて静かにタンゴを踊り始めると、ビクトリオ(安蘭)ロベルト(柚希礼音)達が次々と現れ、情熱的なダンスに。中詰めは名場面キャリオカ。ダンディT(立樹遥)とダンディU(涼紫央)の歌をはさみ、一人の指導的な青年ポラリス(湖月)と友(女)S(白羽)、友(男)(安蘭)達の美しい友情と別れを惜別のダンスで。ロケットからフィナーレとなる。

主な出演者湖月わたる、白羽ゆり、安蘭けい 他

放送日時

  • 湖月わたるさん! 投稿者:ごはんはおかず
    サヨナラショーまで観れて幸せです。実は某公演の際湖月わたるさんと観劇日が被ったのですか、目の前を通られる時思わず会釈してしまったのですが、貫禄とオーラに溢れた優しい笑顔で会釈をしてくださり…感激のあまり口がしばらく閉じませんでした。
    投稿日時:2020年07月05日

タカラヅカ・スカイ・ステージでは、皆さまからの「ホットボイス」を募集しております。こちらのフォームに、番組へのご感想やメッセージをお寄せください。いただいたご感想やメッセージは全て、担当スタッフが拝見させていただき、今後の番組企画や編成等に活かして参ります。

番組名

ネオ・ダンディズム!−男の美学−(’06年星組・宝塚・千秋楽)

ペンネーム
(全角20文字まで)
タイトル
(全角20文字まで)
コメント
(全角500文字まで)

<ご投稿上の注意>
皆さまから寄せられたホットボイスを、一部、ご紹介させていただくことがあります。楽しいご感想をお待ちしております。なお、ご紹介させていただく際には、文中に記載された個人情報や表現内容等について、編集させていただくことがありますので予めご了承ください。
なお、番組その他に対する要望やお問い合わせ等については、こちらのフォームへの記入に対しお答え致しかねます。「タカラヅカ・スカイ・ステージ カスタマーセンター」まで、直接お寄せいただきますようお願いします。

 

番組検索

作品タイトル
出演者
  • STAR FILEスターから調べる
  • ジャンルジャンルから調べる

今月のスターの出演番組をチェック

  • ステージ
  • オフステージ
  • 公演情報
  • 旅・歴史
  • OGのステージ
  • 今日のニュース