番組詳細

HOME > 番組詳細

番組詳細

炎にくちづけを−「イル・トロヴァトーレ」より−(’05年宙組・宝塚)

ヴェルディのオペラ「イル・トロヴァトーレ」を元に、数奇な生まれの吟遊詩人が愛と復讐の渦のなか、悲劇的な結末に突き進んでいく。'05年宙組・宝塚大劇場。脚本・演出は木村信司。和央ようか、花總まり、初風緑(専科) 他。15世紀のスペイン。20年前、先代の伯爵に火あぶりの刑に処されたジプシー女の娘アズナチューナ(一樹千尋)は、復讐のため伯爵の息子の内、まだ赤子だった弟を焼き殺した。そして成長した兄のルーナ伯爵(初風)をいまでも呪っているという話が語られていた。女官レオノーラ(花總)は吟遊詩人マンリーコ(和央)に恋をしていたが、ルーナ伯爵もまた彼女に想いを寄せていた。レオノーラに拒絶されたルーナ伯爵は、マンリーコを卑しいジプシーの生まれと断じ、殺そうとする。一命を取り留めたマンリーコは、何故祖母の敵を討たなかったと責める母親のアズナチューナに、真実を教えてくれと詰め寄る。そこへ、マンリーコが命を落としたと思い込んだレオノーラが修道院に入るとの報せが入る。マンリーコは幼馴染のパリア(大和悠河)達と共に、救出に向かう。

主な出演者和央ようか、花總まり、大和悠河/初風緑 他

放送日時

タカラヅカ・スカイ・ステージでは、皆さまからの「ホットボイス」を募集しております。こちらのフォームに、番組へのご感想やメッセージをお寄せください。いただいたご感想やメッセージは全て、担当スタッフが拝見させていただき、今後の番組企画や編成等に活かして参ります。

番組名

炎にくちづけを−「イル・トロヴァトーレ」より−(’05年宙組・宝塚)

ペンネーム
(全角20文字まで)
タイトル
(全角20文字まで)
コメント
(全角500文字まで)

<ご投稿上の注意>
皆さまから寄せられたホットボイスを、一部、ご紹介させていただくことがあります。楽しいご感想をお待ちしております。なお、ご紹介させていただく際には、文中に記載された個人情報や表現内容等について、編集させていただくことがありますので予めご了承ください。
なお、番組その他に対する要望やお問い合わせ等については、こちらのフォームへの記入に対しお答え致しかねます。「タカラヅカ・スカイ・ステージ カスタマーセンター」まで、直接お寄せいただきますようお願いします。