番組詳細

HOME > 番組詳細

番組詳細

アプローズ・タカラヅカ!−ゴールデン90−(’04年花組・宝塚)

90周年を迎えた宝塚歌劇の魅力を散りばめた、明るく、楽しく、ゴージャスなレビュー。作・演出は三木章雄、藤井大介、齋藤吉正。'04年花組・宝塚大劇場。春野寿美礼、ふづき美世 他。アプローズの男S(春野)が銀橋で宝塚への「愛」を歌い、大階段をうずめる真紅の羽扇の男達がボレロのリズムにのって踊り、アプローズの男A(瀬奈じゅん、彩吹真央)達が歌い継ぐ「プロローグ」。KILLER-K(瀬奈)の歌から、眠らない夜の繁華街でMISSION-K(春野)との街の人々を巻き込みながら戦い踊る「SAVAGE-K」。シャルマントS(彩吹)が羽根の衣装で登場し歌い、マスカレード貴公子(瀬奈)が登場する「パリ・フローラ」。JAZZのリズムが流れ、紳士S(春野)が歌い、黒エンビの紳士たちが踊る「スワレ・ド・パリ」。アッシュ(春野)は裏街の酒場で盲目の花売り娘・リリー(ふづき)と出会い束の間の安らぎを得るが、組織の追っ手に殺される。彼は神として生まれ変わり、白銀の平原で命を讃えたコーラスとなる「裏街の堕天使」。ラテンのリズムでパッション・ノワール男S(春野)、女S(ふづき)、パッションビート男A(瀬奈)を中心に激しく踊る「パッション・ノワール」から「フィナーレ」へ。

主な出演者春野寿美礼、ふづき美世 他

放送日時
2021年11月09(08:00)

タカラヅカ・スカイ・ステージでは、皆さまからの「ホットボイス」を募集しております。こちらのフォームに、番組へのご感想やメッセージをお寄せください。いただいたご感想やメッセージは全て、担当スタッフが拝見させていただき、今後の番組企画や編成等に活かして参ります。

番組名

アプローズ・タカラヅカ!−ゴールデン90−(’04年花組・宝塚)

ペンネーム
(全角20文字まで)
タイトル
(全角20文字まで)
コメント
(全角500文字まで)

<ご投稿上の注意>
皆さまから寄せられたホットボイスを、一部、ご紹介させていただくことがあります。楽しいご感想をお待ちしております。なお、ご紹介させていただく際には、文中に記載された個人情報や表現内容等について、編集させていただくことがありますので予めご了承ください。
なお、番組その他に対する要望やお問い合わせ等については、こちらのフォームへの記入に対しお答え致しかねます。「タカラヅカ・スカイ・ステージ カスタマーセンター」まで、直接お寄せいただきますようお願いします。