番組詳細

HOME > 番組詳細

番組詳細

エリザベート−愛と死の輪舞−(’09年月組・東京・新人公演)

1992年にウィーンで初演されたミュージカル「エリザベート」を宝塚独自の装置、衣装、振付により、宝塚版として'96年に雪組で初演。大好評を得、その後同年に星、'98年宙、'02年花、'05年月、'07年雪組で再演された宝塚を代表するミュージカル。ハプスブルグ家最後の皇妃エリザベートの生涯を、彼女と”死”であるトート、そして皇帝フランツの愛憎劇として描き、宝塚版では“死”であるトートを中心に物語が展開する。潤色・演出は小池修一郎。新人公演担当は小柳奈穂子。'09年月組・東京宝塚劇場・新人公演。明日海りお、羽桜しずく 他。物語はエリザベート暗殺犯のルキーニ(宇月颯/本役は龍真咲。以下同じ)を狂言回しに進む。瀕死の怪我を負った少女エリザベート(羽桜/凪七瑠海)を黄泉の世界へと誘おうとした”死”トート(明日海/瀬奈じゅん)は一目で彼女に惹かれ命を助ける。皇帝フランツ(紫門ゆりや/霧矢大夢)は、見合い相手の妹であるエリザベートを選び結婚するが、自由奔放な彼女は、皇太后ゾフィー(玲実くれあ/城咲あい)の厳格な皇后教育、窮屈な宮廷生活に耐えられず、またフランツも頼りにならなかった。そんな彼女の元にトートはたびたび訪れて誘惑する。

主な出演者明日海りお、羽桜しずく 他

放送日時

  • もう一度観たいです 投稿者:かおるこ
    明日海さんは、美しいだけでなく、歌もお上手で役作りもしっかりしていて、想像していたよりずっと素敵なトート様でした。
    エリザベートの羽桜さんも、歌唱力に難があるとはいえ、可憐で思わず見とれる美しさ、台詞の声もきれいで、今更のように退団が惜しまれました。
    軽い気持ちで観始めたのですが、結局最後まで、うっとり観てしまいました。
    できれば、もう一度観たい!
    魅力的な新人公演でした。
    投稿日時:2011年02月23日

タカラヅカ・スカイ・ステージでは、皆さまからの「ホットボイス」を募集しております。こちらのフォームに、番組へのご感想やメッセージをお寄せください。いただいたご感想やメッセージは全て、担当スタッフが拝見させていただき、今後の番組企画や編成等に活かして参ります。

番組名

エリザベート−愛と死の輪舞−(’09年月組・東京・新人公演)

ペンネーム
(全角20文字まで)
タイトル
(全角20文字まで)
コメント
(全角500文字まで)

<ご投稿上の注意>
皆さまから寄せられたホットボイスを、一部、ご紹介させていただくことがあります。楽しいご感想をお待ちしております。なお、ご紹介させていただく際には、文中に記載された個人情報や表現内容等について、編集させていただくことがありますので予めご了承ください。
なお、番組その他に対する要望やお問い合わせ等については、こちらのフォームへの記入に対しお答え致しかねます。「タカラヅカ・スカイ・ステージ カスタマーセンター」まで、直接お寄せいただきますようお願いします。

 

番組検索

作品タイトル
出演者
  • STAR FILEスターから調べる
  • ジャンルジャンルから調べる

今月のスターの出演番組をチェック

  • ステージ
  • オフステージ
  • 公演情報
  • 旅・歴史
  • OGのステージ
  • 今日のニュース