番組詳細

HOME > 番組詳細

番組詳細

ファントム(’11年花組・宝塚)

小説「オペラ座の怪人」を原作に、アーサー・コピット脚本、モーリー・イェストン作詞・作曲でミュージカル化された作品。1991年の初演以来、米国内ツアーで高い評価を受けてきた。宝塚歌劇では2004年に宙組、2006年に花組にて上演し、仮面を被り地下で生きる運命を背負った怪人ファントムの心の葛藤をドラマティックに描き出すと共に、新曲、ダンスシーンやエピローグを新たに加え、宝塚歌劇ならではのロマンティックな色合いを強くした作品として好評を得る。三度目の上演となるこの公演は、花組新トップスター・蘭寿とむのお披露目公演として、新たな演出と曲も加えられた。また、シャンドン伯爵、アラン・ショレ、セルジョの3役が役替わりにて演じられたが、この放送はシャンドン伯爵を朝夏まなと、アラン・ショレを愛音羽麗、セルジュを華形ひかるが演じたもの。潤色・演出は中村一徳。蘭寿、蘭乃はな、壮一帆 他。19世紀後半のパリ。オペラ座前で歌いながら楽譜を売っているクリスティーヌ(蘭乃)を見たシャンドン伯爵(朝夏)は、彼女をオペラ座に紹介する。オペラ座では支配人のキャリエール(壮)が解任され、新支配人アラン・ショレ(愛音)が迎えられていた。キャリエールは新支配人に、劇場地下に棲む怪人、ファントム(蘭寿)の存在を告げる。クリスティーヌの歌声に亡き母の面影を重ねたファントムは、彼女に歌の指導を始める…。

主な出演者蘭寿とむ、蘭乃はな、壮一帆 他

放送日時

タカラヅカ・スカイ・ステージでは、皆さまからの「ホットボイス」を募集しております。こちらのフォームに、番組へのご感想やメッセージをお寄せください。いただいたご感想やメッセージは全て、担当スタッフが拝見させていただき、今後の番組企画や編成等に活かして参ります。

番組名

ファントム(’11年花組・宝塚)

ペンネーム
(全角20文字まで)
タイトル
(全角20文字まで)
コメント
(全角500文字まで)

<ご投稿上の注意>
皆さまから寄せられたホットボイスを、一部、ご紹介させていただくことがあります。楽しいご感想をお待ちしております。なお、ご紹介させていただく際には、文中に記載された個人情報や表現内容等について、編集させていただくことがありますので予めご了承ください。
なお、番組その他に対する要望やお問い合わせ等については、こちらのフォームへの記入に対しお答え致しかねます。「タカラヅカ・スカイ・ステージ カスタマーセンター」まで、直接お寄せいただきますようお願いします。

 

番組検索

作品タイトル
出演者
  • STAR FILEスターから調べる
  • ジャンルジャンルから調べる

今月のスターの出演番組をチェック

  • ステージ
  • オフステージ
  • 公演情報
  • 旅・歴史
  • OGのステージ
  • 今日のニュース