番組詳細

HOME > 番組詳細

番組詳細

ロミオとジュリエット(’12年月組・東京・千秋楽)

シェイクスピアの「ロミオとジュリエット」を、作詞、作曲、そして演出家であるジェラール・プレスギュルヴィック氏が新たにミュージカル化したもので、2001年にフランスで初演され絶賛を博した。以後、世界各地で上演され、2010年には宝塚歌劇でも星組選抜メンバーによって梅田芸術劇場、博多座において初上演、翌年には雪組により大劇場にて上演された。今回は龍真咲、愛希れいかの月組新トップコンビのお披露目公演として上演。また、ロミオ役が龍、明日海りおの役替わりにて演じられた。潤色・演出は小池修一郎。'12年月組・東京宝塚劇場・千秋楽。龍、愛希、明日海 他。イタリアのヴェローナに古くから続く二つの名門モンタギュー家とキャピュレット家は、何代にも亘って争いを繰り広げていた。だが、モンタギュー家の跡取りロミオ(龍)は、そんな中でも争いを好まぬ純粋な心を持つ青年に育つ。一方、キャピュレット家の娘ジュリエット(愛希)は、見えない糸で結ばれた永遠の愛を誓う人と巡りあう日を夢見ていた。そんなジュリエットに従兄妹のティボルト(明日海)は、子供の頃から密かに思いを寄せていた。ある日、ロミオは、親友のベンヴォーリオ(星条海斗)とマーキューシオ(美弥るりか)に唆され、キャピュレット家の仮面舞踏会に忍び込む。そこで運命に導かれるかの如くロミオとジュリエットは出会う…。

主な出演者龍真咲、愛希れいか、明日海りお 他

放送日時

  • みりおロミオ
    投稿者:クニクニ
    18年に明日海りおさんを知ったので生でこの作品は観ることは出来ませんでした。ずーと放送されるのを待ってました。余りに美しく、画面のこちらでドキドキが止まりません。 初々しく、明日海さん本人も、まだお顔がふっくらして、青年そのもの。
    共演者との歌でのやりとりが何回観ても世界が広がり素敵です。
    放送して頂きありがとうございました。
    投稿日時:2021年09月18日
  • ぎこちない二人がいい
    投稿者:ジュピター
    月組さんは劇場での観劇もなく、なじみがありませんでした。今回見比べるような放送でしたが、月組さんのロミオとジュリエット、すごく良かったです。龍さんと愛希さんは、役の創り方というか、年齢というのか、初々しくて役のイメージに一番近いと感じました。初めてのキスの場面も、ぎこちなさがうまく表現されていて、きゅんきゅんしました。天国で結ばれる場面も、ジュリエットにかわされたロミオがぷっとふくれる顔が可愛らしく、なんだか龍さんが好きになりました。乳母も素晴らしかったですね。次は月組さんを観劇したいと思います。
    投稿日時:2013年11月13日

タカラヅカ・スカイ・ステージでは、皆さまからの「ホットボイス」を募集しております。こちらのフォームに、番組へのご感想やメッセージをお寄せください。いただいたご感想やメッセージは全て、担当スタッフが拝見させていただき、今後の番組企画や編成等に活かして参ります。

番組名

ロミオとジュリエット(’12年月組・東京・千秋楽)

ペンネーム
(全角20文字まで)
タイトル
(全角20文字まで)
コメント
(全角500文字まで)

<ご投稿上の注意>
皆さまから寄せられたホットボイスを、一部、ご紹介させていただくことがあります。楽しいご感想をお待ちしております。なお、ご紹介させていただく際には、文中に記載された個人情報や表現内容等について、編集させていただくことがありますので予めご了承ください。
なお、番組その他に対する要望やお問い合わせ等については、こちらのフォームへの記入に対しお答え致しかねます。「タカラヅカ・スカイ・ステージ カスタマーセンター」まで、直接お寄せいただきますようお願いします。