番組詳細

HOME > 番組詳細

番組詳細

紫子(ゆかりこ)−とりかえばや異聞−(’87年星組・東京)

平安時代の古典文学「とりかえばや物語」にヒントを得た木原敏江のコミック「とりかえばや異聞」を舞台化。戦国時代、双子の兄の身代わりとなった紫子の波乱に満ちた物語。峰さを理が兄と妹の二役を演じた。'87年星組・東京宝塚劇場。脚本・演出は柴田侑宏。峰 、南風まい、日向薫、紫苑ゆう 他。紫子(峰)は女でありながら、跡継ぎのない家に育った為、武芸一般を学んだ。父が急死、病身の母の為に遊女屋に籍を置くことになった紫子は、浪人風吹(日向)と出会い、互いに惹かれあう。やがて、紫子は実は安芸の国の大名・佐伯氏の実子で、双子ゆえに養家に出されていたことが判明。双子の兄・碧生(峰・二役)が倒れた為、臣下の金井定嗣(紫苑)らによって、兄の身代わりとして城に入る。一方風吹は、碧生の命を狙う家老に刺客として城に送りこまれる。その家老を操っている隣国の毛利氏は、さらに碧生に娘の舞鶴姫(南風まい)を輿入れさせ、佐伯領を我がものにしようと画策する。紫子と再会した風吹は味方となるが、碧生が急死。紫子は身代わりを続けることを決意するが…。

主な出演者峰さを理、南風まい、日向薫、紫苑ゆう 他

放送日時

  • あの頃が蘇りました
    投稿者:ミッキー
    ミネちゃん時代の星組公演の中でも特別に好きな作品です!
    紫子のミネちゃんも吹雪のネッシーさんももちろんですが、シメさんもマイマイもみなさんがまさにハマり役で…
    いつ観ても何度観ても涙涙ですが、ミネちゃんの悲しいお知らせを聞いた後の今日の放送は、最初から最後まで格別でした。
    この時期に放映してくださって、本当にありがとうございました!
    投稿日時:2021年05月10日
  • 素敵でした
    投稿者:momo
    最近のグラフで望海さんと彩風さんがポートレートで再現されていて、素敵だなぁどんなお話なんだろう??と気になっていたら観ることができました。なんとも言えない世界観。峰さを理さんの紫子も日向薫さんの風吹もとても魅力的…そして望海さんが咲ちゃんの風吹が見たかったからとリクエストされた意味もよくわかりました!!確かに彩風さんの風吹、観てみたい!おちゃめな望海さん紫子×飄々とした彩風さん風吹実現したらそちらもどんなに素敵だろうと妄想しています。
    投稿日時:2020年07月18日
  • ミネちゃん大好き
    投稿者:すずママ
    やったー
    ミネちゃんがトップの頃は2人目の出産と重なり
    なかなか劇場に足を運べずにテレビを見ていました。
    録画も上手くとれていなくて残念でしたが
    今になってゆっくりと大好きなミネちゃんの紫子が観れてうれしい!
    投稿日時:2020年06月19日

タカラヅカ・スカイ・ステージでは、皆さまからの「ホットボイス」を募集しております。こちらのフォームに、番組へのご感想やメッセージをお寄せください。いただいたご感想やメッセージは全て、担当スタッフが拝見させていただき、今後の番組企画や編成等に活かして参ります。

番組名

紫子(ゆかりこ)−とりかえばや異聞−(’87年星組・東京)

ペンネーム
(全角20文字まで)
タイトル
(全角20文字まで)
コメント
(全角500文字まで)

<ご投稿上の注意>
皆さまから寄せられたホットボイスを、一部、ご紹介させていただくことがあります。楽しいご感想をお待ちしております。なお、ご紹介させていただく際には、文中に記載された個人情報や表現内容等について、編集させていただくことがありますので予めご了承ください。
なお、番組その他に対する要望やお問い合わせ等については、こちらのフォームへの記入に対しお答え致しかねます。「タカラヅカ・スカイ・ステージ カスタマーセンター」まで、直接お寄せいただきますようお願いします。