番組詳細

HOME > 番組詳細

番組詳細

宝塚アーカイブス(再編集)#61「ショー作家 横澤英雄」〜タカラヅカレビューの正統派〜<前編>

昭和30年代から活躍した横澤英雄は、師匠・白井鐵造が創造したタカラヅカレビューをより深く継承。子供から大人まで安心して見ることのできる宝塚歌劇を作り続けました。横澤英雄は昭和5年、東京生まれ。母は宝塚少女歌劇初期の生徒・花野春子。叔母には尾上さくらを持ち、タカラヅカ一家の中で育ちました。関西学院大学卒業後、昭和28年、演出助手として入団。戦後初めて設けられた、演出助手制度での二番目の採用者となりました。白井鐵造の元で修行を積みながら、昭和30年『ピンドラーマ』で、初の脚本を担当。その後「12月演出」と言われた作品を数多く手がけました。当時、12月の公演はその年に上演され好評だった作品の名場面をつなぎ、そこに新たな場面を加えたレビューを上演していました。こうして横澤英雄は、先輩演出家のレビューの技法を学んでいったのでした。

主な出演者ナレーション:高ひづる

放送日時
2021年05月05(07:45)

タカラヅカ・スカイ・ステージでは、皆さまからの「ホットボイス」を募集しております。こちらのフォームに、番組へのご感想やメッセージをお寄せください。いただいたご感想やメッセージは全て、担当スタッフが拝見させていただき、今後の番組企画や編成等に活かして参ります。

番組名

宝塚アーカイブス(再編集)#61「ショー作家 横澤英雄」〜タカラヅカレビューの正統派〜<前編>

ペンネーム
(全角20文字まで)
タイトル
(全角20文字まで)
コメント
(全角500文字まで)

<ご投稿上の注意>
皆さまから寄せられたホットボイスを、一部、ご紹介させていただくことがあります。楽しいご感想をお待ちしております。なお、ご紹介させていただく際には、文中に記載された個人情報や表現内容等について、編集させていただくことがありますので予めご了承ください。
なお、番組その他に対する要望やお問い合わせ等については、こちらのフォームへの記入に対しお答え致しかねます。「タカラヅカ・スカイ・ステージ カスタマーセンター」まで、直接お寄せいただきますようお願いします。