番組詳細

HOME > 番組詳細

番組詳細

宝塚クロニクル#17「1984年」

宝塚歌劇の歴史を年別に多彩な映像と情報で紹介していく番組。第17回は、70周年を迎えた1984年を取り上げる。ナビゲーターは雪組(放送当時)の壮一帆。70周年に当たるこの年は、記念式典や大運動会などが開催され、東京宝塚劇場の開場50周年、機関誌「歌劇」も700号に達するなど記念となるイベントが続いた。作品的には『風と共に去りぬ』の再演、『ガイズ&ドールズ』の初演、バウホールでのミュージカル三連続公演などが話題を集め、『我が愛は山の彼方に』は芸術祭優秀賞を受賞した。一方、雪組娘役トップスターの遥くららが、『風と共に去りぬ』のスカーレット役を最後に退団し、麻実れいとのゴールデン・コンビ時代についに終止符が打たれ、麻実も翌年での退団を発表する。この年初舞台生のゲストコメントは、星組副組長(放送当時)・万里柚美と雪組副組長(放送当時)・灯奈美。(2003年11月初回放送)

主な出演者ナビゲーター:壮一帆/コメント映像:万里柚美、灯奈美

放送日時
2021年11月19(09:30)

タカラヅカ・スカイ・ステージでは、皆さまからの「ホットボイス」を募集しております。こちらのフォームに、番組へのご感想やメッセージをお寄せください。いただいたご感想やメッセージは全て、担当スタッフが拝見させていただき、今後の番組企画や編成等に活かして参ります。

番組名

宝塚クロニクル#17「1984年」

ペンネーム
(全角20文字まで)
タイトル
(全角20文字まで)
コメント
(全角500文字まで)

<ご投稿上の注意>
皆さまから寄せられたホットボイスを、一部、ご紹介させていただくことがあります。楽しいご感想をお待ちしております。なお、ご紹介させていただく際には、文中に記載された個人情報や表現内容等について、編集させていただくことがありますので予めご了承ください。
なお、番組その他に対する要望やお問い合わせ等については、こちらのフォームへの記入に対しお答え致しかねます。「タカラヅカ・スカイ・ステージ カスタマーセンター」まで、直接お寄せいただきますようお願いします。