番組詳細

HOME > 番組詳細

番組詳細

琥珀色の雨にぬれて(’02年花組・宝塚)

第一次世界大戦後のヨーロッパを舞台に大人の恋の機微を描く。'84年に高汐巴を中心とした花組で初演、'02年に花組で再演。匠ひびきの退団公演。'02年花組・宝塚大劇場。作・演出は柴田侑宏。演出は正塚晴彦。匠、大鳥れい、春野寿美礼 他。疲れきってパリに戻ってきたクロード・ドゥ・ベルナール公爵(匠)は、ファンテンブローの森で神秘的な美しい女性シャロン(大鳥)と出会い、たちまち恋に落ちる。彼女の取り巻きの一人ルイ(春野)によると、シャロンはパリのマヌカンだという。ルイの職業はジゴロ。彼もまたシャロンに恋をしていて、クロードとルイの間には奇妙な友情が生まれる。しかし、クロードには空軍時代からの友人の妹で、貴族の令嬢であるフランソワーズ(遠野あすか)というフィアンセがいた…。

主な出演者匠ひびき、大鳥れい、春野寿美礼 他

放送日時

  • 大人のラブストーリー 投稿者:ゆめみ
    高汐さん主演による初演を観た時、どういうストーリーだったのか、よくわからないまま劇場を後にしたのを思い出します。
    チャーリーさんの再演作をスカイステージで観て、やっと「ああ、こういう話だったのか」とわかったのですが。ラブストーリーが多い宝塚の作品の中でも、ひときわ「大人のラブストーリー」であるこの作品、初演の頃の私は、いささか若すぎたのかもしれませんね。
    クロードには、やはりフランソワーズと幸せになってほしいな、と思います。フランソワーズをこれ以上悲しませないでほしい、そう願います。
    投稿日時:2007年04月11日

タカラヅカ・スカイ・ステージでは、皆さまからの「ホットボイス」を募集しております。こちらのフォームに、番組へのご感想やメッセージをお寄せください。いただいたご感想やメッセージは全て、担当スタッフが拝見させていただき、今後の番組企画や編成等に活かして参ります。

番組名

琥珀色の雨にぬれて(’02年花組・宝塚)

ペンネーム
(全角20文字まで)
タイトル
(全角20文字まで)
コメント
(全角500文字まで)

<ご投稿上の注意>
皆さまから寄せられたホットボイスを、一部、ご紹介させていただくことがあります。楽しいご感想をお待ちしております。なお、ご紹介させていただく際には、文中に記載された個人情報や表現内容等について、編集させていただくことがありますので予めご了承ください。
なお、番組その他に対する要望やお問い合わせ等については、こちらのフォームへの記入に対しお答え致しかねます。「タカラヅカ・スカイ・ステージ カスタマーセンター」まで、直接お寄せいただきますようお願いします。

 

番組検索

作品タイトル
出演者
  • STAR FILEスターから調べる
  • ジャンルジャンルから調べる

今月のスターの出演番組をチェック

  • ステージ
  • オフステージ
  • 公演情報
  • 旅・歴史
  • OGのステージ
  • 今日のニュース