番組詳細

HOME > 番組詳細

番組詳細

Amour それは・・・(’09年宙組・東京・千秋楽)

美しく、心弾むメロディに乗せて、愛にまつわるエピソードを描き、人生の生きる歓びや哀愁を謳い上げる、ロマンチック・レビュー。作・演出の岡田敬二のロマンチック・レビュー・シリーズ第18作目となる作品。宙組トップコンビ・大和悠河、陽月華のサヨナラ公演でもある。'09年宙組・東京宝塚劇場・千秋楽。大和、陽月、蘭寿とむ 他。プロローグは、大階段中央で真紅の衣装に身をつつんだプロローグの紳士S(大和)が歌い出すと、紳士・淑女らが次々と歌い継ぐ。「アムール、それは」、王子トリスタン(大和)がイゾルテ(陽月)に出会うと、妖精たちに囲まれ、初めての恋の喜びを歌い踊る。「フロリダの風」、プエルトリカンの歌手(蘭寿、北翔海莉)の歌から、熱い音楽に乗せて男女の狂宴が繰り広げられる。「ラモーナ幻想」、名曲“ラモーナ”が様々にアレンジされ、アールデコのセットの中で歌い踊るスぺクタルな中詰めへ。「間奏曲(二) She…」若者(蘭寿)が理想の恋人について歌うと、様々なタイプの娘が登場する。「夢・アモール」、ドラマティックな音楽に乗り、スパニッシュ風の衣装の男女が熱い恋のやりとりを踊る。「ヘミル(未来へ)」、“ヘミル(未来へ)”の曲を歌手(大和)が歌い、やがてルージュの女(陽月)とのデュエット・ダンスへ。大階段に黒燕尾の紳士達によるボレロの後、パレードへと続く。

主な出演者大和悠河、陽月華、蘭寿とむ 他

放送日時

タカラヅカ・スカイ・ステージでは、皆さまからの「ホットボイス」を募集しております。こちらのフォームに、番組へのご感想やメッセージをお寄せください。いただいたご感想やメッセージは全て、担当スタッフが拝見させていただき、今後の番組企画や編成等に活かして参ります。

番組名

Amour それは・・・(’09年宙組・東京・千秋楽)

ペンネーム
(全角20文字まで)
タイトル
(全角20文字まで)
コメント
(全角500文字まで)

<ご投稿上の注意>
皆さまから寄せられたホットボイスを、一部、ご紹介させていただくことがあります。楽しいご感想をお待ちしております。なお、ご紹介させていただく際には、文中に記載された個人情報や表現内容等について、編集させていただくことがありますので予めご了承ください。
なお、番組その他に対する要望やお問い合わせ等については、こちらのフォームへの記入に対しお答え致しかねます。「タカラヅカ・スカイ・ステージ カスタマーセンター」まで、直接お寄せいただきますようお願いします。

 

番組検索

作品タイトル
出演者
  • STAR FILEスターから調べる
  • ジャンルジャンルから調べる

今月のスターの出演番組をチェック

  • ステージ
  • オフステージ
  • 公演情報
  • 旅・歴史
  • OGのステージ
  • 今日のニュース