番組詳細

HOME > 番組詳細

番組詳細

不滅の棘(’03年花組・東特・千秋楽)

永遠の命を与えられた主人公が、絶望の果てに善とは、悪とは何なのか?そして愛とは何なのかを問う作品。原作はカレル・チャペック。翻訳は田才益夫(八月舎刊「マクロプロス事件」)より。'03年花組・東京特別・千秋楽。脚本・演出は木村信司。春野寿美礼、ふづき美世、瀬奈じゅん 他。父の不老の実験で永遠の命を得たエリィ・マクロプロス(春野)は、19世紀のプラハでエリィ・グレゴルという歌手になっていたが、男爵令嬢フリーダ・プルス(ふづき)と恋に落ちる。20世紀のプラハではフリーダ・プルスの遺した土地を巡る裁判が百年続いていて、原告のフリーダ・ムハ(ふづきの二役)は勝ち目はないという弁護士コレナティ(夏美よう)とその息子アルベルト(瀬奈)に、「命は短い、だからお金がほしい」と訴える。そこに百年後のエリィ、有名歌手のエロール・マックスウェルが登場し、勝訴の書類はプルス男爵家にあると言う。男爵家に忍びこんだエロールは銃で撃たれてしまう。

主な出演者春野寿美礼、ふづき美世、瀬奈じゅん 他

放送日時

  • 歌声の魅力に最後まで釘付けに
    投稿者:ばぁや
    真っ白な世界、真っ白なお姿だからこそ、エロールが愛に苦しむ歌声〜過去100年前から続く嘘と誤魔化しと偽りで出来た歴史の嘆きが直球で伝わってきて、いままで聞いたこともない魅力が溢れるエロールの歌声に、画面の前から動けなくなりました。
    卵からスターが甦る場面は、宝塚のスターが産まれた瞬間のように思え、真っ赤な口紅を腕で取る瞬間は、驚きと新たなスターの誕生のロマンを感じました。
    最後に全てを語り明かすエロールの苦しい眼差しが、今も心に焼き付いて、時折、己の人生を振り返るときに、これからも一瞬一瞬を自分らしく大切に!と、棘のように胸に刺さります。
    チケットが無くてなかなか観ることが出来なかった「不滅の棘」を放送して頂けて、心から感謝しております。スカイステージ様、ほんとうにありがとうございます。
    投稿日時:2021年10月26日
  • おささんの歌声に魅了
    投稿者:あっこママ
    花組バージョンが放映されるのを待っていました。おささんの歌声がとても素晴らしく、最後の客席降りからの叫びともいえる歌声は鳥肌が立つほどです
    投稿日時:2021年09月03日

タカラヅカ・スカイ・ステージでは、皆さまからの「ホットボイス」を募集しております。こちらのフォームに、番組へのご感想やメッセージをお寄せください。いただいたご感想やメッセージは全て、担当スタッフが拝見させていただき、今後の番組企画や編成等に活かして参ります。

番組名

不滅の棘(’03年花組・東特・千秋楽)

ペンネーム
(全角20文字まで)
タイトル
(全角20文字まで)
コメント
(全角500文字まで)

<ご投稿上の注意>
皆さまから寄せられたホットボイスを、一部、ご紹介させていただくことがあります。楽しいご感想をお待ちしております。なお、ご紹介させていただく際には、文中に記載された個人情報や表現内容等について、編集させていただくことがありますので予めご了承ください。
なお、番組その他に対する要望やお問い合わせ等については、こちらのフォームへの記入に対しお答え致しかねます。「タカラヅカ・スカイ・ステージ カスタマーセンター」まで、直接お寄せいただきますようお願いします。