番組詳細

HOME > 番組詳細

番組詳細

シニョール ドン・ファン(’03年月組・東京・千秋楽)

現代イタリアのファッション業界を舞台に、究極のプレイボーイの恋の遍歴を描いた作品。日本を代表するファッション・デザイナーであるコシノヒロコの衣装も話題になった。専科・汐風幸のサヨナラショーと退団挨拶も。'03年月組・東京宝塚劇場・千秋楽。作・演出は植田景子。紫吹淳、映美くらら、汐風幸(専科)、彩輝直(専科) 他。ミラノのトップブランド”ドン・ファン”のデザイナー、レオ・ヴィスコンティ(紫吹)は数多くの女性遍歴を持ち、現代のドン・ファンと評されていた。レオは旧友で仕事のパートナーであるロドルフォ(汐風)とともにバカンスに出かけるが、そこでも再会した昔の恋人で女優のローサ(美原志帆)やフランス高官の若妻らと恋の駆け引きを楽しむ毎日。そんなときレオはジル(映美)という娘と知り合う。彼女は私設秘書ジョゼッペ(北翔海莉)が「レオの運命の恋人」として予言していた通りの娘だったが、セルジィオ(彩輝)という恋人がいた。そんなある日、レオに脅迫状が届く。レオの胸に10年前の苦い過去が去来した。

主な出演者紫吹淳、映美くらら、汐風幸、彩輝直 他

放送日時

  • 歩み続けて 投稿者:ゆめみ
    この公演で退団した汐風幸さん。そのサヨナラショーのラストを飾った「心中・恋の大和路」の主題歌ですが、「歩み続けてー」と繰り返される最後のところの歌詞が、何だか「役者として、この舞台で歩み続けて」というようにも聞こえてきました。
    聞けば、こうちゃんのご実家は、江戸時代から代々歌舞伎役者をしてこられた家柄と伺っています。もしも、こうちゃんが男として生まれていたら、おそらく歌舞伎役者として舞台に立っていたことでしょう。女だったがゆえに、立った宝塚の舞台。ところが、その宝塚で、歌舞伎の名作の一つに数えられる「心中・恋の大和路」の主役を務め、舞台を去る最後の最後にまで、その主題歌を歌う。しかも、このサヨナラ公演の前物のショーが、「歌舞伎四百年」を記念してのものだった。何だか、運命を感じずにはいられないじゃないですか。
    投稿日時:2007年08月01日

タカラヅカ・スカイ・ステージでは、皆さまからの「ホットボイス」を募集しております。こちらのフォームに、番組へのご感想やメッセージをお寄せください。いただいたご感想やメッセージは全て、担当スタッフが拝見させていただき、今後の番組企画や編成等に活かして参ります。

番組名

シニョール ドン・ファン(’03年月組・東京・千秋楽)

ペンネーム
(全角20文字まで)
タイトル
(全角20文字まで)
コメント
(全角500文字まで)

<ご投稿上の注意>
皆さまから寄せられたホットボイスを、一部、ご紹介させていただくことがあります。楽しいご感想をお待ちしております。なお、ご紹介させていただく際には、文中に記載された個人情報や表現内容等について、編集させていただくことがありますので予めご了承ください。
なお、番組その他に対する要望やお問い合わせ等については、こちらのフォームへの記入に対しお答え致しかねます。「タカラヅカ・スカイ・ステージ カスタマーセンター」まで、直接お寄せいただきますようお願いします。

 

番組検索

作品タイトル
出演者
  • STAR FILEスターから調べる
  • ジャンルジャンルから調べる

今月のスターの出演番組をチェック

  • ステージ
  • オフステージ
  • 公演情報
  • 旅・歴史
  • OGのステージ
  • 今日のニュース