番組詳細

HOME > 番組詳細

番組詳細

新源氏物語−田辺聖子作「新源氏物語」より−(’81年月組・宝塚)

華麗な平安の宮廷を舞台に、恋に生き、苦悩する光源氏の情熱のドラマ。'81年月組・宝塚大劇場。脚本・演出は柴田侑宏。榛名由梨、みさとけい、大地真央 他。時の帝、桐壺帝の子として生まれた光源氏(榛名)は亡き母そっくりで帝の女御である藤壺(上原まり)に幼いころから思慕の念を抱き、ある夜、罪深い一夜を持ってしまう。やがて藤壺は源氏の子を宿し、後に冷泉帝となる若宮を産む。女人遍歴に駆り立てられる源氏。結果、妻の葵の上はその一人、六條御息所(条はるき)の怨念に取り殺されてしまう。一方、源氏は北山の僧庵を訪れた折、藤壺似の美少女・若紫と出会い、理想の女性に育てようと邸に迎えることに。そんなある夜、朱雀帝の寵姫、朧月夜(五條愛川)との密通が右大臣に知られた源氏は、いったんは須磨へ落ちるが、都に帰った後は栄華を極める。しかし息子・夕霧(大地)と、親友・頭中将(みさと)の子・柏木(剣幸)の時代となり、意外な形で運命の報復がやってくる…。

主な出演者榛名由梨、みさとけい、大地真央 他

放送日時
2021年05月08(10:00)

  • 初演のすばらしさを改めて実感です
    投稿者:少年の夢
    ウタコさんトップ時代の再演は見たことあったのですが
    初演ではこんなに豪華絢爛というか
    トップ娘のような存在の方が3人もご出演されていて
    それを見事に座付き作家として場面を与えた柴田先生に脱帽です。
    六条の御息所も大地真央時代に大活躍した
    条はるきさんで鬼気迫る熱演。
    なにより1番驚いたのは左大臣右大臣は再演とおなじゆうちゃんさんまやさん!
    お2人とも当時はまだそこまで上級生ではなかったのに
    既に存在感ある素晴らしい演技力・・・!
    投稿日時:2020年11月01日
  • 初演、新源氏物語の素晴らしさ
    投稿者:猫ママ
    柴田先生脚本、演出の80年代の宝塚歌劇団の歴史と伝統、創造性を感じる素晴らしい名作。所作の美しさ、台詞まわしの秀逸さ、奥深い解釈と理解のしやすさ、日本物の傑作を見ることができて幸せでした。大野先生演出、2015年花組公演を思い出しながら、永遠の名作は、時代を経ても素晴らしいと思います。
    投稿日時:2020年11月01日
  • 圧巻でした。
    投稿者:あこりん
    昭和のベルばら世代です。
    初演の新源氏物語を観たとき、あまりの美しさに舞台に引き込まれたのを思い出しました。
    ショーちゃんとヨーコちゃんの演技はさすがです。
    何度でも観たいし、これぞ宝塚!と最近のファンの方たちに知っていただける作品だと思いました。
    感動をありがとうございました。
    投稿日時:2018年09月14日

タカラヅカ・スカイ・ステージでは、皆さまからの「ホットボイス」を募集しております。こちらのフォームに、番組へのご感想やメッセージをお寄せください。いただいたご感想やメッセージは全て、担当スタッフが拝見させていただき、今後の番組企画や編成等に活かして参ります。

番組名

新源氏物語−田辺聖子作「新源氏物語」より−(’81年月組・宝塚)

ペンネーム
(全角20文字まで)
タイトル
(全角20文字まで)
コメント
(全角500文字まで)

<ご投稿上の注意>
皆さまから寄せられたホットボイスを、一部、ご紹介させていただくことがあります。楽しいご感想をお待ちしております。なお、ご紹介させていただく際には、文中に記載された個人情報や表現内容等について、編集させていただくことがありますので予めご了承ください。
なお、番組その他に対する要望やお問い合わせ等については、こちらのフォームへの記入に対しお答え致しかねます。「タカラヅカ・スカイ・ステージ カスタマーセンター」まで、直接お寄せいただきますようお願いします。